紫外線を長期間浴び続けるとどうなる?紫外線対策をしなければならないホントの理由 ~紫外線対策は一生ものです~

紫外線対策
この記事は約5分で読めます。

紫外線をちょっとぐらい浴びても大丈夫だと思っている方も多いですよね?でもその考えって結構危険ですよ?あなたの肌が取り返しのつかないことになりかねません。紫外線を浴び続けた肌がどうなってしまうのか、あまり現実を見たくない気もしますが見ていきましょう。・・・これであなたは紫外線対策の重要性を再認識できるはずです。

スポンサーリンク

紫外線を浴びるのが短時間なら大丈夫?

紫外線を浴びたとしても、『3時間のBBQだから大丈夫だろう』とか、『2日間の海レジャーだから大丈夫だろう』とお考えになっていますか??

まず言っておきますが、その考えは非常に危険です。

紫外線の危険さについて

まず、想像してほしいことですが、皆さん洗濯物や布団を干しますよね??
何のために干しますか??
洗濯物であれば乾かすためということもありますが、それだけでしょうか?

そうですよね、『日光殺菌』のためですよね!!

では、『日光殺菌』ってなんですか?
文字通り言ってしまえば、「日光に洗濯物や布団を干すことによって、菌を殺すこと」ですよね。

では、なぜ菌は日光に当たると死んでしまうのでしょうか??
この理由が、今日のキーポイントです!!

菌の持っているDNAやRNAは日光に当たると破壊されてしまい、菌が死滅してしまうからです。
菌とは、言い換えれば『1つの細胞』です。
『細胞』は皆さんを構成するものです。

ということは、
つまり、皆さんの肌の上でも同じことが起こります(正確には肌の上と下の両方で)。

想像するだけで、怖いですよね?

洗濯物や布団を干す時間って、半日もありませんよね?
日差しによっても違いますが、せいぜい2~5時間でしょう。そのくらいの時間、紫外線が当たることによって、菌(細胞)が死滅するんですよ?冷静に考えれば、結構怖い事実ですよね。

具体的には、肌はどうなる?

では、具体的に短期間の紫外線照射の影響で、肌がどうなるか見ていきましょう。
基本的には一時的な(数週間~数か月)の影響で済むものが多いでしょう。

日焼け(サンバーン⇒サンタン)

まずサンバーンですが、表皮細胞がダメージを受けることによって、皮膚に炎症が起きている状態です。真っ赤な日焼けのことで、ヒリヒリ痛いですよね。炎症ですから、なるべく早く冷やすこと・炎症を抑制することが大事です

その後、紫外線によって、真皮細胞(表皮細胞よりも深いところに存在する細胞)の層において、紫外線照射によって産生したメラニンが蓄積している状態がサンタンです。サンバーンと違い痛くはないですが、確実に肌はダメージを受けています。

角膜炎

日焼けは皮膚だけではありません

紫外線は体中のあらゆる細胞に影響を与えるのです。それは当然、目に対してもです。

目が紫外線によって炎症を起こしている状態が、角膜炎です。
目の病気は怖いですね。

免疫機能の低下

『光免疫抑制』という現象です。
皮膚に存在する免疫細胞が、ダメージを受け皮膚トラブルが発生しやすくなります。
海レジャーなどでは特に注意が必要で、ウイルス感染のリスクが高まります。

スポンサーリンク

紫外線を長期間にわたって浴び続けるとどうなる??

短期間の紫外線ですらかなりの危険があるのに、長期間の紫外線だとどうなってしまうのか、想像したくありませんよね?
でも、あえて、長期間紫外線を受け続けたらどうなるかお教えしましょう!!

シミ、シワ

基本的には、皮膚細胞は自己修復能を持っていますので、ダメージを受けても自己修復(DNA修復等)ができます。
しかし、慢性的な反復した皮膚ダメージが蓄積すると、皮膚細胞の修復が完璧には起こりにくい状況となってしまいます。シミが消えにくくなるということですよね。
さらに、真皮細胞層のダメージが蓄積するということは、真皮細胞層のコラーゲンがダメージを受けるということです。コラーゲン間の立体的な構造が破壊されるため、肌のハリが失われます。すなわち、シワができます

ここまで、聞いていただけでも、嫌になりますよね・・・

皮膚がん

今までも何度も言っていますが、紫外線には細胞のDNA破壊作用があります。

DNAが破壊された細胞が異常細胞(がん細胞)です。
異常細胞(がん細胞)は通常であれば、免疫細胞によって排除できます。

しかし、免疫細胞のDNAも紫外線によってダメージを受けているため、免疫細胞自体がそのような異常細胞を殺せなくなってしまいます。

とすれば、異常細胞が無限に増殖をしてしまいますよね?
悪性腫瘍(がん)化してしまうということです。

皮膚がんとして有名なのはメラノーマ(悪性黒色腫)などがありますが、メラノーマは悪性度が高いですので年間600~700人が亡くなるそうです。

白内障

さらに、紫外線によって眼球内のレンズ(水晶体)が濁ってしまいますので、視力の低下・酷ければ失明になります。

スポンサーリンク

まとめ

紫外線を軽く見ていらっしゃる方も多いと思います。

ですが、現実を知れば知るほど恐ろしいですよね??

私なら絶対に紫外線を浴びたくありません。

あなたも同じ思いですよね??

ということで、皆さん絶対に紫外線対策をしましょう!!

↓↓紫外線対策についてはこちらにまとめてあります!!

メラニン産生を防げ!紫外線を浴びれば5秒でメラニン産生細胞が活性化!!紫外線対策におススメな方法!
少しの外出なら日焼け止め塗らなくても大丈夫だろう・・・なんて思っていませんか??その考えは危ないですよ!!メラニンは皆さんが思っているよりも早く肌で産生され、肌に蓄積されますよ!!紫外線は過剰なくらい避けないと防ぎきれません!!美肌を守るた

↓↓日焼け止めについてはこちらです!!

日焼け止めの季節がやってきました!すでに紫外線がやばい!日焼け止め対策!!~日焼け止め関連株5選!!~
新年度が始まり、温かい日が続いていますね!!花粉症対策もそろそろ終盤に入ってきました。しかし、温かくなってきたということは紫外線対策が必要になってくるということです。紫外線対策としてどのようなことをすべきか、日焼け止めはどれが良いか、紫外...

夏は屋外でのレジャーが増えると思いますが、絶対に紫外線対策をしてくださいね!!
紫外線対策を怠れば、最悪の場合ガンになって死んでしまいます。失明なんてことにもなりかねません。
そうならないためにも、是非とも日々の努力を頑張ってください!!

コメント