【紫外線】日焼け止めって実は危険!当たり前に配合されている紫外線吸収剤が実は怖い。でもノンケミカルだと効果が弱い。結局何を選んだらいいの?

紫外線対策
この記事は約8分で読めます。

紫外線対策として日焼け止めを使いすぎるのは問題かもしれません。日焼け止めに配合されている『紫外線吸収剤』は実は有害です。でも日焼け止めを使わなければ、紫外線のダメージを肌がもろに受けることになります。これから夏本番です。どのような紫外線対策をしたらよいのか考えましょう!

スポンサーリンク

紫外線対策に日焼け止め(紫外線吸収剤)というのは実は危ない

多くの日焼け止めには、『紫外線散乱剤』と『紫外線吸収剤』が含まれています。

日焼け止めの仕組み①『紫外線散乱剤』

『紫外線散乱剤』とは、肌上で紫外線を散乱させ、紫外線の進む方向を変えるものです。つまり、肌に向かって真っすぐ入ってくる紫外線が、『紫外線散乱剤』にあたることでクイッと曲がり、肌にダメージを与えるのを防いでくれます。

紫外線をはね返すのが、『紫外線散乱剤』です。

具体的な成分例

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

が有名です。どちらも多くの日焼け止めに配合されています。
危険性はゼロではありませんが、ほとんどありません。

 

日焼け止めの仕組み②『紫外線吸収剤』

『紫外線吸収剤』とは、肌上で紫外線を吸収し、紫外線を皮膚内に取り込ませないようにするものです。つまり、紫外線のエネルギーをその場で吸収し、熱エネルギーなどに変換して放出するというものです。

具体的な成分例

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(UV-Aを吸収)
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(UV-Bを吸収)
  • オキシベンゾン(UV-AもUV-Bも吸収)
  • パラアミノ安息香酸
  • プソラレン
  • サリチル酸オクチル

などなど、挙げたらきりがありません。
皆さんのお使いの日焼け止めにもきっとこれらの配合物が入っているのではないでしょうか?

※ちなみに家にあった『ニベアSUN』シリーズには、大人用も子供用も『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』が入っていました。手元にないので確認できていませんが、『ANESSA』や『Allie』もノンケミカルではありませんので、いずれかの『紫外線吸収剤』は含まれているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めが危険な理由

紫外線吸収剤の危険性その1

『紫外線吸収剤』は危険性があります。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、JAMA(米国医師会ジャーナル)に掲載されています。

具体的には、1日4回体表全体の75%程度に、1cm²あたり2mgの日焼け止めを4日間塗り、日焼け止めを塗っていた4日間と塗るのをやめた後の3日間の計7日間の、日焼け止めの血中量を測定したところ、『アボベンゾン』や『オキシベンゾン』といった『紫外線吸収剤』が、血中から検出されたというものです。

考:『Effect of Sunscreen Application Under Maximal Use Conditions on Plasma Concentration of Sunscreen Active Ingredients: A Randomized Clinical Trial』、JAMA. 2019;321(21):2082-2091

https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2733085

権威ある学会誌が発表していることからも、重大性がわかります。
これを受けてFDA(米国食品医薬品局)が、日焼け止めの使用量上限を決めたほうが良いのではないかという提言をしています。
今後、日本でも日焼け止めに関する使用規制が入ってくるかもしれませんね。

※ただし、現在までのところ、具体的な体への悪影響があったことが報告されているわけではありません。

※なお、『紫外線散乱剤』についても危険性はゼロではないでしょう。
むしろ同じような危険性があると考えられます。最近は、使い心地(塗り心地や使用感)を重視するあまり、粒子のナノ化技術が進んでいます。ナノ化技術が益々進み、『紫外線散乱剤』の粒子がどんどん小さくなれば、肌を通り越して血中にまで『紫外線散乱剤』が侵入してしまう可能性もありますよね。血中濃度を調べたら『紫外線散乱剤』である酸化チタンや酸化亜鉛が出てくるかもしれません。

 

紫外線吸収剤の危険性その2

また、『紫外線吸収剤』は、上述の通り、紫外線のエネルギーを熱エネルギーといった化学エネルギーに変換して、放出するものです。

ここで、その熱エネルギー(化学エネルギー)が100%体外に放出されればよいのですが、そんなわけないですよね。
当然、体内の方向にも熱エネルギー(化学エネルギー)は作用します

この時、皮膚に刺激を感じたり、発赤や痒みが生じたりします。

さらに言ってしまえば、発がん性を有する種類の『紫外線吸収剤』もあると言われています。どの種類の『紫外線吸収剤』かはわかりません。

スポンサーリンク

紫外線が肌へ及ぼすダメージ(日焼け止めを全く使用しないのはダメ!!)

でも、塗らないわけにはいかないですよね。

米国食品医薬品局も『日焼け止めを塗らない方が良いわけではない』ということは主張しています。

日焼け止めを塗らずに紫外線による影響を100%受けるよりも、日焼け止めによる影響を多少なりとも受けたほうが、体にとってはマシなのかもしれませんね。
この辺の詳細はまだFDAで検討中なのでしょう。
今後の研究結果を待ちたいと思います!!

スポンサーリンク

紫外線吸収剤が無配合のノンケミカル日焼け止めを選んだほうが良い?

ノンケミカルの日焼け止めもありますよね。

『紫外線吸収剤』が配合されていませんから、安心と言えば安心です
特に過去に『紫外線吸収剤』によるトラブルを受けたことがある方であれば、ノンケミカルの日焼け止めは良いでしょう。

ただし、一般に『紫外線吸収剤』を含まないノンケミカルの日焼け止めは、効果が弱いです。実際にSPF50+のものは無いです(探せばあるかもしれませんが、少し調べたところありませんでした)。強くてSPF30くらいのものでしょうか。

とすれば、真夏のレジャーでは、足りませんね。さて、どうしたものでしょうか?

スポンサーリンク

結局、紫外線対策は何をしたらよい?紫外線対策のまとめ

結局紫外線対策として何をすればよいのでしょうか?
疑問に感じてきたのではないでしょうか。ベストな答えはありません。
ベターな答えは下記の通りでしょう。

  • 紫外線の危険性の方が高い猛暑日
    ⇒紫外線吸収剤なんて気にしないで強い日焼け止めを使う!!
  • 紫外線の危険性がまだ小さい夏日
    ⇒紫外線が弱いうちは、なるべく体に優しいノンケミカル日焼け止めを使う!!
  • 紫外線対策は日焼け止めだけではない
    日傘、帽子、UVカット長袖を駆使して、日焼け止めの総使用量を抑える!!
  • 紫外線の一番強い時間帯は屋内に避難する!!

3つ目と4つ目が、紫外線対策としては一番大事なのかもしれません。

↓↓日焼け止めに関する記事は結構書いています(紫外線吸収剤は一旦置いておいて・・・)

↓アネッサの日焼け止め!!

資生堂アネッサの特徴。どのアネッサを買えばよい?子供にはいいの??~紫外線対策&資生堂の株価~
アネッサ(ANESSA)って何が違うの??アネッサの日焼け止めには6種類もあります。CMでみても、お店で見てもアネッサの違いがよくわからないという方多いのではないでしょうか?そんなアネッサの比較をしてみます。アネッサの種類アネッサ...

↓ニベアの日焼け止め!!

ニベアの日焼け止め比較!!どれを選べばよい?~ニベア(花王)の株価~
私が普段使用しているのがニベアの日焼け止めです。ニベアの化粧品はメンズも多く出ていて、男性にもお勧めできます。他の日焼け止めメーカーは女性目線の商品が多いような感じですが、ニベアに関してはデザイン的にも男性が使いやすいものとなっています。...

↓ビオレの日焼け止め!!

ビオレの日焼け止め比較!!どれを選べばよい?子供にはいいの?~紫外線対策&花王の株価~
ついに夏が始まりましたね!!夏になれば当然日焼けが気になります!日焼けをしても良いことなんてありません。紫外線は肌の劣化、老化、しみ、シワを増やします。対策必須です。日焼け止めって選び方が難しい。どこの日焼け止めが良い?ビオレならどの商品...

↓雪肌精の日焼け止め!!

雪肌精の日焼け止めが熱い!雪肌精ブランド一つで何から何まで全部できる!さらなる上位ブランドの秘密とは。
ここ数年、雪肌精が爆発的に売れていますね。新垣結衣さんがCM出演をした時から爆発的に売れるようになったと思います。しかも、雪肌精は日本のみならず、海外の方にも売れています。それだけ大人気の雪肌精についてご紹介します!雪肌精の日焼け止...

↓Allieの日焼け止め!!

Allie(アリィー)の日焼け止め!種類がいくつかあるけど、どのAllieが良い?そもそもAllieっていいの?
Allieは日焼け止めの中では有名であることは間違いないです。でも、あまり購買意欲がわきません。なぜでしょうか。もちろん、日焼け止めとしての性能は良いのでしょう。なかなか鳴かず飛ばずのAllieについての考察です。Allie(アリィ...

紫外線対策を日焼け止めだけで行おうとするのは、やめたほうが良さそうですね。
JAMAが日焼け止め(紫外線吸収剤)の危険性を示唆していますし、今後はもしかしたら医薬部外品の扱いになってしまうのかもしれません(勝手に言っているだけです・・・)。体に影響を与える可能性があるのだから、当然っちゃ当然かもしれませんが、個人個人で日焼け止めに対する意識を一度見直した方が良いのは確かでしょうね。

さて、紫外線対策をばっちりキメて、夏レジャーを思いっきり楽しみましょう!!

コメント