弁理士のTOEICの点数を600点から800点に伸ばす方法

弁理士
この記事は約6分で読めます。

TOEICは就職、転職、昇進といった日本内でスキルアップするために切っても切り離せない試験です。皆さんもずーっと点数が伸び悩んでいませんか?私も学生時代はずっと600~650点を行き来していました。今は800点超えています。具体的に何をしたらTOEIC点数アップに効果的なのかご紹介します。

スポンサーリンク

TOEIC読解対策

TOEICは大きく分けて読解問題とリスニング問題があります。
いずれもマークシートですが、読解問題は最後まで解き終わる英語レベルになるまでにかなりの時間を費やさなければなりません。私もまでTOEICが600点くらいの頃は、読解問題の最後まで到底たどり着けるようなレベルではありませんでした。では、そんな私はTOEICが800点を超えるまでにどのような勉強をしたかをご紹介します。

TOEIC公式問題集

まずは何といっても公式問題集でしょう。ちょっと他の問題集と比較すれば割高感は否めませんが、TOEICを受けているのですからTOEICの公式問題集はぜひ解きましょう
2016年に新傾向の問題形式(短文穴埋め問題、長文穴埋め問題、長文読解問題)になりましたが、このような出題形式の変更にもいち早く対応できるのは、公式問題集ならではでしょう。
今後、さらに新傾向の問題形式に変更(新しい問題形式の追加)されるとしても、このような変更(追加)にまず対応できるのは公式問題集でしょう。そのため、TOEICを受ける以上、公式問題集をやっておいて損はありません。私自身も新しい問題集が出るたびに買っていました。

その他の問題集

公式問題集以外の問題集については、自分の苦手分野を伸ばすために使用するのが良いと思います。全部の問題をやるというのは効率が悪いように思えます。弁理士である以上は、限られた時間の中でどれだけ力を付けられるかにも重点を置くべきです。そのため、その他の問題集については苦手とする分野の問題のみを行い、最も効率的な点数アップを図るべきでしょう。私は、よくある『〇〇点突破』というようなシリーズの問題集をよく解いていました。

↓↓730点突破シリーズ↓↓

↓↓860点突破シリーズ

などなど様々な種類の問題集があります。
自分の目標とする点数の『突破』シリーズを購入すると良いでしょう。

日常的に英文に触れる(弁理士であれば、問題ないかと思いますが)

日常的に英語の文章に触れることも非常に重要です。問題を解いていくとわかると思いますが、正確な答えははっきりとはわからなくても、なんかこっちの方が正しい気がするというような直感って誰もが感じたことありますよね?この直感を磨くためには、日常的に英文を読み続けて、自分なりの英語のモノサシや英語の引き出しを獲得することが重要です。
もちろん直感力のためだけではなく、英文の読解スピードをアップさせることや、読解力自体を上げるためにも、継続して英語には触れ続けるとよいでしょう

英作文を書く(例えば、Fruitful Englishなど)

英語の細かい文法ってすぐ忘れませんか?特に英語を単に読んでいるだけだと細かい違いまで気にならずにスルーしてしまうこともよくありますよね?

一方で、自分で英作文をしてあれこれ悩んだ場合には、ずっと長い期間記憶にとどまったというような経験は誰しもがしていると思います。そのため、私はTOEICの点数を上げるためには、日常的に一定量の英作文をすることが大事だと思います

仕事で英語を使用している人なら特に何も言うことはありませんが、仕事では英語を書く機会はないというような人は是非とも英作文をやってみてください。自分の英語力の無さに驚愕すると思います(私は中学生レベルの英語すら満足に書けず、絶望的でした・・・)。
そんな中でも、Fruitful Englishは講師の方々が丁寧に教えてくれるウェブ英作文添削サイトで、1回あたり500円程度で添削してくれるのでおススメです!

英作文のフルーツフルイングリッシュ
↑一度お試しいただいてみるとFruitful Englishの価値が高いことがわかると多みます。初回は無料チケット数枚もらえるので、お試しできますよ。

スポンサーリンク

TOEICリスニング対策

リスニングももちろん対策しなければよい点数は望めません。具体的にどのような対策をすればよいかご紹介します。

  1.  TOEIC公式問題集

    リスニング問題に関してももちろんTOEIC公式問題集は利用し尽くすべきでしょう。そんなに問題数が多いわけではないので、隅から隅までやってください。

  2. その他の問題集

    その他の問題集に関しては、そこまで根詰めてやる必要はないのではないかと思います。それ以上に、様々な英語に触れることが必要だと思います。

  3. スマホの英語リスニングのためのアプリ

    私が最もお勧めするのはスマホアプリの活用です。TOEIC対策用のスマホアプリも出ていますが、内容的にあまり広がりのないものばかりなので、あまりお勧めしません。
    私が個人的に活用していたアプリは2つあります。『BBC Learning English』と『TED』です。

    『BBC Learning English』

    BBC Learning Englishは、どちらかと言えばリスニング初心者向けかと思います。話すスピードもゆっくりですし、内容的にも基本的なものばかりに感じました。私は、ひたすら通勤時間に聞きまくりました。毎日毎日です。その甲斐もあってか、『BBC Learning English』くらいの英語であればほとんど理解できるようになりました。

    『TED』

    TEDは、少し専門的ですし、人によって話し方が様々ですので、難易度は若干高くなると思います。そのため、『BBC Learning English』の内容がほぼほぼ理解できるようになってから進む感じかと思います。内容的には非常に面白いと思います。演者が10~20分程度のスピーチをしているのですが、国籍、職業、年齢、性別など色々な方がスピーチされているので、聞き飽きるということはありません。(英語のジョークについていけなかったりするのがちょっと悔しかったりします・・・
    さあ、皆さんも一緒に『TED』しましょう!

  4. 英会話

    ある程度耳が英語に慣れてくると、さらに英語の欲が出てくるもので、私は英会話にもチャレンジしています。実際に英会話教室に通うというのは、時間的にも金銭的にも負担が大きくなるし、効果もあるのか無いのか微妙な感じだという声をよく聞いていたので、私はオンライン英会話を選びました。

    数あるオンライン英会話教室があるのですが、私はNative Campを使用しています。理由は、1日に何回でも英会話することができて、コスパが最強である点、講師としてはフィリピン人が多いですが、基本的にはスマホアプリでログインすれば、講師は誰かしら空いているので、思い立ったらすぐに英会話をすることができます。1回あたり25分ですので、そこまで時間的負担はありませんむしろ先生たちとの会話は楽しいので、時間が許せば2回、3回とやることもあります。いろいろな人の話し方に対応できるようになれば、自然とリスニング力が高まるのはわかりますよね?
    さあ、皆さんも一緒に『Native Camp』しましょう!

TOEICの点数は1日にして上がらず!!です
ですが、勉強しさえすれば必ず点数はアップします
皆さんもお忙しいでしょうし、毎日英語の勉強時間確保は難しかったりするかと思いますが、日々軽重を付けつつも、出来るだけ毎日頑張っていきましょう!!

コメント