喉のイガイガの原因と対処法、予防策~子供(2歳児)にもぜひ試したい方法~

風邪、ウイルス対策
この記事は約4分で読めます。

季節の変わり目、新学期、新年度は喉が痛くなりやすいですよね?不快でたまりませんよね。しかもうがいのできない2歳児だったら困りますよね・・・そんなどうしようもない喉のイガイガをどうしたら緩和できるのか、その対処法と予防策についてご紹介します。

スポンサーリンク

のどのイガイガの原因

ウイルス・細菌による感染

一番嫌な原因であって一番大きい原因は、ウイルス・細菌がのどに付着して繁殖した事による、喉の炎症反応でしょう。のどの細胞が相当ダメージを受けている状況だと考えられます。

炎症反応とは炎症物質である『プラスミン』が放出されている状態です。この炎症物質が炎症をますます悪化させます。

炎症反応以外にも体に本来的に備わっているウイルスや細菌を体外に押しやろうとする反応(咳反応や痰反応)が起きているとも考えられます

症状を悪化させないためにも、乱れた生活リズムをもとに戻して体が本来持っている防御反応(免疫反応)を高めることを考えましょう。

花粉・ホコリ

花粉やホコリが原因でのどにアレルギー反応が起こっているかもしれません。
また、花粉・ホコリが原因で鼻詰まりが起きていて、口呼吸をしているため喉が乾燥しているだけということも考えられます。

スポンサーリンク

のどのイガイガの緩和法

  • 抗炎症作用⇒トラネキサム酸、グリチルリチン酸
  • 鎮咳作用⇒デキストロメトルファン、リン酸デコイ、ジヒドロコデインリン酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩
  • 去痰作用⇒ブロムヘキシン塩酸塩、グアイフェネシン
  • 抗アレルギー作用⇒クロルフェニラミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩

などの成分が入っている薬を服用しましょう。
見てお気づきかと思いますが、抗ウイルス薬や抗菌薬は一般薬には含まれていません。
誤った使用法をすると耐性菌を作ってしまったりするので危険だからです。

ということで結局のところ、自分の体の免疫反応に頼るしかありませんね。

ちなみに子ども用には『咳止めシロップ』があります。
まあまあ効きますよ。

のど飴、トローチ

薬が飲めない妊婦さんや、飴が舐めれるくらいの子供であれば、のど飴やトローチが有効です。

喉が潤うので、即効性は高いでしょう。
イガイガが一時的に緩和します。
ずーっと効くわけではないので、何度も舐めましょう。

はちみつ

寝る前にティースプーン一杯のはちみつを舐めるとのどがコーティングされて、のどのイガイガが緩和されます。

はちみつは1歳以上の子供なら舐めて大丈夫です!!
うちの息子(2歳)も良く舐めています。
保育園は菌の巣窟ですから、しょっちゅう風邪ひいていますし。

子供には一番いいかもしれませんね。

濡れマスク

濡れマスクは市販のものもありますが、少し高いですよね。

 

ですので、自宅で使用するものは自作することをお勧めします。
とっても簡単です!!

  1. マスク2枚とコットン(マスクよりちょっと面積が小さいくらいの)を準備します。
  2. コットンを濡らします
  3. コットンをマスクとマスクの間に挟みます。
  4. その『マスク&濡れコットン&マスク』セットを、普通のマスクみたいに耳にかけます。

たったこれだけ。
妊娠中の妻が最近やっていて、咳が軽くなったと喜んでいます。

龍角散ダイレクト

息子にも、どうしようもないときに飲ませたことがあります(量はもちろん少なめで)

体感的には、のど飴と同じくらいの効果があるのではないでしょうか。

まあ、そのままですが『顆粒状の龍角散のど飴』という感じです。

桃風味で飲みやすいですのでお試しください。

早寝早起き

今までご紹介したのどの痛み対策は、すべて対症療法にすぎません。

根本的にのどのイガイガを取り除きたければ、体調を整えるしかありません!!

体調を整えるのに一番良い方法は、もちろん睡眠をたっぷりとること!!

是非是非早寝早起きを心がけてください。

栄養バランス

早寝早起きと同時に、栄養バランスの取れた食事をとるようにしましょう
バランスが悪ければ、野菜ジュースや栄養ドリンク、サプリメントで補ったりするのもいいですね!!

睡眠&食事は、何よりも気を遣うようにしましょう!!

スポンサーリンク

のどのイガイガの予防策

マスク

そもそもの原因を体内に取り込まないようにするために、マスクを日常的にすることが望ましいです。

特に、ウイルスの時期(インフルエンザなど)や花粉の時期は絶対に外出時はマスクをするようにしましょう!!

これだけで、のどの乾燥が抑えられ、ウイルスや細菌、花粉やホコリがのどにくっつきにくくなりますよ!!

頻繁な水分摂取

のどにウイルスや花粉がくっついてしまっても、一瞬のうちに炎症反応などが起きて悪化していくわけではありません。

炎症反応が悪化する前に飲み込んでしまえばよいのです。

つまり、水(好ましくはお茶や紅茶)を15~30分おきに飲むようにしましょう。
そうすれば、のどに付着したウイルス等を胃に追いやることができ、胃酸で殺すことができますよ!!

スポンサーリンク

まとめ

イガイガの原因は、ウイルス、細菌、花粉、ホコリなどです!!

イガイガの対策は、

  • のど飴・トローチ
  • 濡れマスク
  • はちみつ
  • 龍角散ダイレクト
  • たっぷり睡眠
  • バランスの良い食事です!!

イガイガの予防としては、マスク、頻繁な水分摂取です!!

のどのイガイガに負けないように頑張りましょう!!

皆さんも、なかなか治らないのどのイガイガに襲われた経験ありますよね?
しかも、何週間も治らないなんてことも・・・
そうならないためにも、日々の予防策&のどの痛みを悪化させないことを心がけましょう!!

コメント