【新築マンション購入ブログ】電鉄系ディベロッパーにも注目!!不動産は財閥系だけじゃない!!東急、小田急、阪急、近鉄!!

住宅購入
この記事は約8分で読めます。

新築マンションを購入するにあたって色々なことを調べているブログ記事です。旧日本財閥系が不動産に強いのは良く知られています。でも、今は電鉄系企業も不動産に力を入れています!!電鉄系四大ディベロッパーについてご紹介します!!

スポンサーリンク

新築マンション購入するなら絶対に知っておくべき、電鉄系ディベロッパー!!

新築マンションブランドを上から見ていくと、

  1. 三井不動産
  2. 三菱地所
  3. 住友不動産
  4. 安田財閥(東京建物)
  5. 野村不動産

と上位は旧財閥系でしょう。特に『三井』、『三菱』、『住友』の三大財閥はけた違いに良いマンションです。
その次の『安田財閥(東京建物)』と『野村不動産』に関しては、少し旧三大財閥と差があるような印象です。

でも、新築マンションディベロッパーって財閥系だけではないですよね??

不動産に興味のある方ならご存知かとは思いますが、電鉄系ディベロッパーがあります。そして、この電鉄系ディベロッパーは大きく4つの企業があります。これらの電鉄系ディベロッパーは『安田財閥(東京建物)』や『野村不動産』と同程度の新築マンションブランドを展開しています(良いマンションがいっぱいありますよ!!)

  1. 東急不動産
  2. 小田急不動産
  3. 阪急不動産
  4. 近鉄不動産

では、これらの電鉄系ディベロッパーのおススメの新築マンションブランドを見ていきましょう!!

 

東急不動産の新築マンションと言えば、『BRANZ(ブランズ)』!!

新築マンション・分譲マンションなら東急不動産の住まい[BRANZ(ブランズ)]
東急不動産[BRANZ(ブランズ)]の新築・分譲マンション、新築・分譲一戸建てに関する住まい情報サイトです。首都圏をはじめ、関西・名古屋・札幌にて多数物件を展開しております。

東急不動産のおすすめポイントは『ME UP』です!

ME UP(ミアップ):お客様の声から生まれた『暮らしを高める機能美』です。

  • キッチン:フラットカウンター、ガラストップコンロ、ストレージハンガー付き吊戸棚など
  • 洗面所:三面鏡アクセサリー、エコボックス、節湯水栓
  • 浴室:ミストサウナ、バスフック、浴室タイル
  • 収納:マルチスペース付きクローゼット、シューズキャビネット

などに特徴があります。私も『BRANZ』のモデルルーム見学に行きましたが、どれも機能的だと思いました。特に、キッチンの吊戸棚や玄関のシューズキャビネットなどは、使い勝手が良さそうでした。オプションですが、クローゼット内にコンセントを付けて掃除機充電などができるのが良いですね。

正直なところ、電鉄系ディベロッパーでは、東急不動産が一番クオリティの高い物件がそろっていると感じます。

サポートとしても色々あります。

  • BRANZ SUPPORT WEB (入居前のサポート)
  • オーナー向けセミナーやイベント
  • 家族力プラス(住んでいて困っていることを気軽に相談)
  • 東急コスモス会(会員限定サービス)

何やら、東急不動産はマンション自体のクオリティ以外にも、マンションオーナーとしてのサポートが手厚そうな印象を受けます。私は個人的に好きなマンションブランドです。

小田急不動産の新築マンションと言えば、『LEAFIA(リーフィア)』!!

小田急不動産の分譲住宅 リーフィア
小田急不動産「リーフィア」ブランドサイト。新築一戸建て、マンション、土地・宅地などをご紹介します。

ブランドコンセプトは『Leaf(葉っぱ)+ia(場所)』です。
幸せと出会う場所という意味らしいです。

東急不動産のマンションブランド『BRANZ』と比較すると、小田急不動産の『LEAFIA』は知名度が落ちるように思います。

しかし、どちらかというと戸建てメインのブランドのようで、マンションに関しては数件しかないようです(ということは、マンションに関してはまだまだ発展途上ということですかね?)

また、小田急沿線ということで、町田市や狛江市、神奈川県にしかないようです。都心に住みたい方からすれば、マンションブランドとしての選考の対象外になってしまいますね。残念ですが(私も小田急不動産に対する興味が薄れてきました・・・ということで、深追いはしません。)

阪急不動産の新築マンションと言えば、『geo(ジオ)』!!

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉
新築分譲マンションをお探しの方は、阪急阪神不動産のマンション<ジオ>へ。関西、首都圏の物件を色々なテーマで探していただけます。

阪急不動産の新築マンションブランド『geo(ジオ)』に関しては、首都圏にも多数ありますのでご存知の方も多いでしょう。

ブランドコンセプトは『品と質。その頂へ』です。

そのブランドコンセプトの通り、マンションには高級感があります。
私が好きなタイプのマンションです!!

ただし、その名の通り関西地区がメインのようで、首都圏に関してはまだ10棟ほどしか建っておりません。関西色の強いマンションディベロッパーのようですので、今後日本の人口が減ってきたときには、首都圏のマンションはどうなってしまうのだろうか・・・という漠然とした不安を感じてしまいました。

近鉄不動産の新築マンションと言えば、『Laurel(ローレル)』!!

首都圏(東京・神奈川・千葉)の新築分譲マンション・一戸建て|近鉄不動産のローレル シリーズ
首都圏エリアの新築マンション・分譲マンシ...

マンションブランドの『Laurel』というのは、残念ながら知名度は低いですね。

近鉄不動産も、その名の通り、関西がメインの不動産ディベロッパーです。
ということで、東京都には『Laurel』の名がつくマンションは3つしかありません。
物件自体はいいのですが、少なすぎますね。。。

ということで、近鉄不動産からも早めに離脱いたします。
(あくまでも首都圏のマンションを手掛ける不動産ディベロッパーを私は求めておりますので、悪しからず。)

スポンサーリンク

新築マンション購入のために知っておくべき電鉄系ディベロッパーまとめ

電鉄系ディベロッパーは主に4社あります!!

  • 東急不動産
  • 小田急不動産
  • 阪急不動産
  • 近鉄不動産

新築マンションブランドとして良いと感じるのは、『東急不動産』、『阪急不動産』、『近鉄不動産』です。

その中でも、首都圏である程度のマンション分譲戸数があるのは『東急不動産』だけでした!!
というわけで、次回は『東急不動産』を深堀りしていきます!!

 

↓↓ちなみに、旧財閥系(三菱、三井、住友、安田、野村)の新築マンションについてまとまっていますよ!高級マンションに興味のある方は、ぜひご覧ください。

↓三菱地所の新築マンションブログ記事

【新築マンション購入ブログ】三菱地所の住宅技術~マンションのテクノロジー~やっぱり三菱財閥はすごい!!
新築マンションを購入するまでにたくさん調べたこと書いているブログです。日本三大財閥(旧)はやはり財力があります。様々な技術分野で最先端の研究開発を行っています。その中の一つ三菱財閥は技術力がすごいです。マンションを買うなら旧財閥系が良いっ...

↓三井不動産の新築マンションブログ記事

【新築マンション購入ブログ】三井不動産グループの技術力~日本三大財閥の力はすごい~
新築マンションを購入するにあたっていろんなことを調べています。その中でも、やはり旧日本三大財閥はすごいことがわかりました。このブログ記事では旧日本三大財閥の一角を担う三井財閥にフォーカスを当ててみます。三井不動産グループはこんなにすごいん...

↓住友不動産の新築マンションブログ記事

【新築マンション購入ブログ】住友不動産の住宅技術!やっぱり住友財閥はすごい!!
新築マンション購入にあたって気にしておくべき旧財閥をご紹介しているブログ記事です。今日はその3回目として旧日本三大財閥の1つ『住友財閥』のマンションに焦点を当てます!三菱財閥、三井財閥に続き3つ目の旧財閥ですが、住友財閥も技術力がすごいこ...

↓安田財閥(ブリリア)の新築マンションブログ記事

【新築マンション購入ブログ】安田財閥の住宅技術は?『東京建物』と『安田不動産』のマンションはどうなの?
新築マンションを購入するまでにたくさん調べたこと書いているブログです。今回着目するのは、旧日本四大財閥の1つ、安田財閥に関連するマンションについてです。日本三大財閥の『三菱財閥』、『三井財閥』、『住友財閥』とはどう違うのか気になるところで...

↓野村不動産(プラウド)の新築マンションブログ記事

【新築マンション購入ブログ】野村不動産の住宅技術!ご存知『プラウド』シリーズの資産価値は?
新築マンション購入にあたって色々と調べたことを書いているブログです。今回は旧日本十大財閥の1つである野村財閥に焦点を当てて調べてみます!名前からわかると思いますが、野村財閥と言えばもちろん『野村不動産』ですね。野村財閥の技術力を見ていきま...

 

旧財閥系以外にも新築マンションディベロッパーがいるのは事実でした!
その1つが電通系ディベロッパーですが、残念ながら東京都心でも価値の高そうな新築マンションをいくつも展開しているのは『東急不動産』しかありませんでした!!
『BRANZ』いいですよね。高級感があって。ぜひ新築マンション購入を考えていらっしゃる方は、『東急不動産』も前向きに検討してみたらいかがでしょうか!

コメント