【冬の化粧水】資生堂エリクシール ルフレシリーズ!冬に使いたいおススメの化粧水・美容液!あなたはどれを選びますか?

冬の化粧水
この記事は約9分で読めます。

もうすぐ冬が始まります!冬は空気の乾燥によって特に肌状態が崩れやすい季節!肌の『乾燥』そろそろ気になっていませんか?肌の乾燥は『シミ』や『シワ』といった肌の老化を導きます。一度皮膚の奥深くまで刻まれた『シミ』や『シワ』の後は元には戻りません!肌の『ハリ』や『ツヤ』を一生守り続けるためには、日々の努力が不可欠です。『プチプラ化粧水』or『リッチな化粧水』どちらを使いたいですか?今回は『プチプラ化粧水・美容液』として20~30代に大人気の資生堂『エリクシール ルフレ』 シリーズの性能を細かく見ていきます!

スポンサーリンク

資生堂『エリクシール ルフレ』の化粧水・美容液の種類!

エリクシールと言えば、年代別に3種類のシリーズが展開されています(カッコ内はCMの女優さんです)。

  • エリクシール アドバンスドエイジングケア(石田ゆり子さん)
  • エリクシール エイジングケア(篠原涼子さん)
  • エリクシール ファーストエイジングケア(吉岡里帆さん)

エリクシールシリーズはどの商品も『つや玉®』が大事な要素になってきます。『つや玉®』とはその名の通り、『頬の高い位置にできるつやつやした玉』です!光の角度によってつやつやした頬を見せる女性ってとても素敵に見えますよね!実際に、CMの女優さんは皆さん輝いていて美しい、うらやましいと思いませんか?皆さんも『つや玉®』を身に着けてみましょう!

今回はエリクシール ファーストエイジングケアの『エリクシール ルフレ』シリーズをご紹介します!
  1. エリクシール ルフレ バランシングウォーター(化粧水)
  2. エリクシール ルフレ バランシングおしろいミルク(朝用乳液)
  3. エリクシール ルフレ バランシングミルク(乳液)

上記3種類の製品について調べました!ご覧ください!

保湿レベルの指標はある?

化粧水の保湿レベルの指標については残念ながら公表されていません。試験方法としては、「化粧水を塗る前」と「化粧水を塗った後」とで肌の水分量を比較する方法がとられることが多いようです。その他にも、官能試験等を行う場合もあるでしょう。ただし、実際にどのような取り組みがなされているのかは正直なところ不明です。

スポンサーリンク

エリクシール ルフレ バランシングウォーター(化粧水)

さらさらタイプ

資生堂『エリクシール ルフレ バランシングウォーター I』です!
さらさらタイプの化粧水が好きな方は、こちらです。バランシングウォーターIを選んでください!

さらさらタイプの成分!

水,DPG,エタノール,グリセリン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,PEG-60水添ヒマシ油,エリスリトール,グリシルグリシン,ポリクオタニウム-51,リシンHCl,オウゴン根エキス,PCA-Na,ローズマリーエキス,モモ種子エキス,ユキノシタエキス,チャエキス,水溶性コラーゲン,PEG-6,BG,水添ポリデセン,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,クエン酸Na,EDTA-2Na,ココイルグルタミン酸K,クエン酸,ピロ亜硫酸Na,トコフェロール,メチルパラベン,フェノキシエタノール,香料
植物エキスについて作用を列挙します!
  • オウゴン根エキス
    色素沈着抑制作用、抗菌作用、収斂作用、保湿作用、抗炎症作用 
  • ローズマリーエキス
    抗酸化作用、抗アレルギー作用、抗菌作用、抗老化作用
  • モモ種子エキス
    抗菌作用、抗炎症作用
  • ユキノシタエキス
    抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗酸化作用、保湿作用、美白作用
  • チャエキス
    消炎作用、抗酸化作用、抗菌作用、収斂作用、色素沈着抑制作用

たくさんの植物エキスが入っていて効果が高そうですね!

そして、特許技術が使用されています!(特許6253220)

オウゴンエキス、ローズマリーエキスなどを含むAPJ活性化剤です。
APJとは、Angiotensin receptor like 1のことで、APJ活性化剤を肌に適用することによって、APJの活性化に関与する多様な疾患や症状の予防・解消や、美容状態の改善が期待されます!
この美容効果の改善とは、例えば、皮膚の炎症、赤ら顔、皮下脂肪蓄積に伴う疾患、肥満、セルライト、皮膚老化、弾力低下などに改善効果があると期待されているということです。

とろとろタイプ

資生堂エリクシール ルフレ バランシングウォーター II』です!
とろとろタイプの化粧水が好きな方は、こちらです。バランシングウォーターIIを選んでください!
本体容器の見た目はI(さらさらタイプ)とII(とろとろタイプ)とで全く一緒ですね。外箱に『I』、『II』と書いてある部分のみが違います。

とろとろタイプの成分!

水,DPG,エタノール,グリセリン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,ジグリセリン,BG,ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン,PEG-60水添ヒマシ油,キサンタンガム,エリスリトール,グリシルグリシン,リシンHCl,オウゴン根エキス,PCA-Na,ローズマリーエキス,モモ種子エキス,ポリクオタニウム-51,ユキノシタエキス,チャエキス,水溶性コラーゲン,クエン酸Na,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,EDTA-2Na,クエン酸,ピロ亜硫酸Na,フェノキシエタノール,香料

植物エキスに関しては、『さらさらタイプ』も『とろとろタイプ』も入っている成分は同じです!そして、特許技術も同じです!!成分の配合量などを調整して粘性を変化させることによって、肌への使用感を変えているだけでしょう。

スポンサーリンク

エリクシール ルフレ バランシングおしろいミルク(朝用乳液)

資生堂『エリクシール ルフレ バランシングおしろいミルク』です!
朝用乳液という新しいジャンルの化粧品です。

下地がいらない乳液です。下地を塗る手間を省けます!
しかも、日焼け止め効果もあります!冬だからと言って紫外線対策はしておくべきですからね。しかも、SPF50+&PA++++という最高レベルというのも嬉しいところですね!

しかも、2018年3月~2019年4月までで、               
120万本も売れています!!

大人気商品です!吉岡里帆さんのCM効果も高いのでしょうね!

吉岡里帆写真集 so long

おしろいミルクの成分

水,エタノール,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,酸化亜鉛,PEG-8,BG,オクトクリレン,カプリリルメチコン,グリセリン,ポリブチレングリコール/PPG-9/1コポリマー,ポリシリコーン-15,ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル,ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン,エチルヘキサン酸セチル,シリカ,ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,グリシルグリシン,マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル,ポリクオタニウム-51,アセチルヒアルロン酸Na,リシンHCl,オウゴン根エキス,PCA-Na,モモ種子エキス,ユキノシタエキス,チャエキス,水溶性コラーゲン,トリエトキシカプリリルシラン,(ジメチルアクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)クロスポリマー,ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース,BHT,サクシノグリカン,水酸化Al,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,テトラデセン,ローズマリー葉エキス,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料,硫酸Ba,酸化チタン,酸化鉄

日焼け止め成分が3つ配合されています!一般的に用いられているものです。

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
     紫外線吸収剤
  • 酸化亜鉛
     紫外線散乱剤(UVA)
  • 酸化チタン
     紫外線散乱剤(UVB)
植物エキスに関しては、上記の化粧水と全く同じですので、省略します!
スポンサーリンク

エリクシール ルフレ バランシングミルク(乳液)

さらさらタイプ

さらさらタイプの乳液が好きな方は、こちらです。
『I』がさらさらなのは化粧水と同じですね!
ちなみに、『おしろいミルク』は朝用乳液ですが、こちらの『バランシングミルク』は夜用の乳液という使い分けをすると良いようです。

さらさらタイプの成分!

水,DPG,ミネラルオイル,BG,グリセリン,ジメチコン,イソステアリン酸PEG-60グリセリル,エチルヘキサン酸セチル,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,グリシルグリシン,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),リシンHCl,オウゴン根エキス,PCA-Na,ローズマリーエキス,モモ種子エキス,ユキノシタエキス,チャエキス,水溶性コラーゲン,ステアリン酸PEG-5グリセリル,水添パーム油,パーム核油,パーム油,ベヘニルアルコール,カルボマー,バチルアルコール,水酸化K,ピロ亜硫酸Na,EDTA-2Na,クエン酸Na,エタノール,クエン酸,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料
植物エキスについてはすべて『バランシングウォーター』と『おしろいミルク』と同じですね!ここまでで、エリクシールルフレシリーズは全てに同じ種類の植物エキスが使用されていることがわかりました!ということは、どの商品を使用したとしても、同じ植物エキスの効果が得られるということですね!
ちなみに、夜用乳液ということで、おしろいミルクとは違って日焼け止め成分は入っていません!お肌に優しいですね。

とろとろタイプ

とろとろタイプの乳液が好きな方は、こちらです!

本製品の成分

水,グリセリン,DPG,水添ポリデセン,BG,トリエチルヘキサノイン,ジメチコン,ステアリン酸グリセリル(SE),アミノプロピルジメチコン,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,グリシルグリシン,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),リシンHCl,オウゴン根エキス,PCA-Na,ローズマリーエキス,モモ種子エキス,ユキノシタエキス,チャエキス,水溶性コラーゲン,ステアリン酸PEG-5グリセリル,ベヘニルアルコール,ステアリン酸,イソステアリン酸,ベヘン酸,カルボマー,水酸化K,(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー,イソヘキサデカン,ポリソルベート80,ピロ亜硫酸Na,EDTA-2Na,エタノール,オレイン酸ソルビタン,トコフェロール,フェノキシエタノール,メチルパラベン,香料

はい、こちらも植物エキスは同じです!ですので、上記の商品たちと同じ効果が期待できます!併せて使用するとさらに良いのでしょうね!

スポンサーリンク

資生堂 冬の化粧水・美容液!『エリクシールルフレ』シリーズのまとめ!

  1. エリクシール ルフレ バランシングウォーター(化粧水)
     『さらさらタイプ』と『とろとろタイプ』があります!
  2. エリクシール ルフレ バランシングおしろいミルク(朝用乳液)
     タイプは一種類のみです!
  3. エリクシール ルフレ バランシングミルク(乳液)
     『さらさらタイプ』と『とろとろタイプ』があります!

上記3製品について調べました。エリクシールルフレの化粧品は話題性がある化粧品ですし、『つや玉』効果が嬉しいですね!こういう話題性の高い化粧品にご興味のある方は是非お試しください!様々な植物エキスも配合されていますし、効果ももちろん間違いないですよ!

化粧水・美容液は時代とともに進化しています!どんな成分が含まれていて、その含まれている成分がどんな効果を発揮するかまで知ると、商品選びが楽しくなりますね!資生堂の『エリクシールルフレ』シリーズは、『プチプラ化粧水・美容液』ですし、『おしろいミルク』などの話題性が魅力的!毎日使うのが楽しくなりますね!

コメント