【家を買う!】気になる年収手取り額(早見表)!令和2年の法改正によって手取り額はいくらになる?100万円~1,000万円で計算しました!!

住宅購入
この記事は約9分で読めます。

令和2年に所得税の計算方法が変わります。850万円以上の人は実質増税になります。実際に手取り額がいくらになるかは気になるところです。家を買うとなればなおさら気になるところですよね!!100~1000万円で100万円刻みで計算してみました!!

スポンサーリンク

課税対象額の計算

まず、課税対象額を知ることが大事です。
次の式で求められます。

課税対象額=年収ー(給与所得控除+基礎控除)

令和2年からこの給与所得控除と基礎控除が変わります。
この表のようになります↓↓

年収給与所得控除額基礎控除額
~162.5万円55万円一律48万円
162.5~180万円年収×40%-10万円一律48万円
180万円~360万円年収×30%+8万円一律48万円
360万円~660万円年収×20%+44万円一律48万円
660万円~850万円年収×10%+110万円一律48万円
850万円~上限195万円一律48万円

この表に基づき、年収ごとの課税対象額を計算したのがこれです↓↓

年収給与所得控除基礎控除額課税対象額
10000005500004800000
2000000680000480000840000
30000009800004800001540000
400000012400004800002280000
500000014400004800003080000
600000016400004800003880000
700000018000004800004720000
800000019000004800005620000
900000019500004800006570000
1000000019500004800007570000

所得税、住民税計算に大切な課税対象額をまず計算しました!!

↓↓課税対象額に関して、現行との比較や細かい計算はこちらに載せてあります。

【家を買う!】知ってますか令和2年からの所得税のこと!所得税増税ってきつくないですか?どれくらい上がるのかの年収ごとのシミュレーションもあります。
年収850万円以上の方は令和2年分から所得税が実質増税されます。弁理士の皆さん、結構きついですよね?将来的な視点で考えると、見込みの収入額が減るということになり、繰り上げ返済がしにくくなる可能性もあります。令和2年からの実質増税について見...
スポンサーリンク

所得税はいくら??

個別の計算はさっくりと終わらせます!!

所得税の計算は以下の表に従って行います!!

課税対象額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

所得税の計算結果

年収課税対象額所得税率所得税控除額所得税
10000000000
20000008400000.05042000
300000015400000.05077000
400000022800000.197500130500
500000030800000.197500210500
600000038800000.2427500348500
700000047200000.2427500516500
800000056200000.2427500696500
900000065700000.2427500886500
1000000075700000.236360001105100

所得税だけを知っても仕方無いと思いますので、サラッと次へ。

スポンサーリンク

住民税

住民税=市区町村税:(所得割+均等割)+都道府県税:(所得割+均等割)

住民税は住む土地に払う税金ですから、東京であれば『区民税』『都民税』を支払うことになります。

所得割は所得に応じて個々人で変わる額で、
均等割はその地域に住んでいる人は一律の額です。

東京都であれば、以下の通りです↓↓
※均等割に関しては区によって違いますが、だいたいこのくらいです。

 所得割均等割
市区町村民税課税対象額×6%3500円くらい
都道府県民税課税対象額×4%1500円くらい

住民税の計算結果

年収課税対象額市町村税所得割所得割市町村税均等割都道府県税所得割都民税均等割住民税
1000000003500015005000
200000084000050400350033600150089000
30000001540000924003500616001500159000
400000022800001368003500912001500233000
5000000308000018480035001232001500313000
6000000388000023280035001552001500393000
7000000472000028320035001888001500477000
8000000562000033720035002248001500567000
9000000657000039420035002628001500662000
10000000757000045420035003028001500762000

住民税はこのくらいかかります。
ここの結果も、こんなものかという感じなので、サラッと飛ばします!!

スポンサーリンク

結局、年収の手取り額はいくら?

一番知りたいところです!!

わかりやすく、下の式で計算します!!

手取り額=年収ー(所得税+住民税)

※厳密には、各種控除があるのでもう少し手取り額はアップすると考えられます。
さすがにそこまではシミュレーションはできていません・・・

年収所得税住民税手取り年収額
100000005000995000
200000042000890001869000
3000000770001590002764000
40000001305002330003636500
50000002105003130004476500
60000003485003930005258500
70000005165004770006006500
80000006965005670006736500
90000008865006620007451500
1000000011051007620008132900

どうですか皆さん!!
がっつり引かれていますよね!!
年収1000万円の人は190万円近くも税金に取られていますよね。

年収700万円の人でも100万円近く税金に取られていますね!!

実際に結果を目の当たりにすると、『およよよ・・・』という感じです・・・

スポンサーリンク

まとめ

家を買うことを考え始めた時に、手取り年収っていくらかふと気になりました。
実際に計算してみるとかなりの額が天引きされていることを改めて知って、愕然としましたね。

税金として1人1人がこんなに搾取されているのに、何故日本は借金まみれなのか気になるところです。高齢化社会&待機児童問題が相乗効果になっているんですかね・・・

  • 労働年齢幅の拡大
  • 外国人労働者受け入れ拡大
  • 若年層支援

が今後の日本の課題でしょうね。
話がずれてしまったので、この辺で終わりにします!

手取り年収額は意外に少ないと感じますよね。
この少ない手取り年収額で、実際に住宅ローンの返済や子供の教育費を支払っていかなければいけません。
住宅ローンはいくらまでなら許容できるか今一度検討したほうが良い人もいるのではないですか?

コメント