【家を買う!】1億円の家購入のためには、もちろん共働きが良い!!

住宅購入
この記事は約5分で読めます。

1億円のマイホームを手に入れるためには、最低世帯年収が1,200万円はないと厳しいです。でも、世帯年収1,200万円って言っても、夫婦いずれかが1人で1,200万円の年収なのか、それとも夫婦共働きで1,200万円の年収なのかで話が違ってきます。考えてみましょう!

スポンサーリンク

1億円のマイホームのためには最低でも世帯年収1,200万円は欲しい!

あなたの世帯年収はいくらですか??
もしも1,000万円以下であれば、残念ながら1億円のマイホームの夢は諦めたほうが良さそうです。

一方で、世帯年収が1,200万円以上であれば、1億円のマイホームを購入できる可能性があります!!

↓↓銀行等のサイトでシミュレーションをした結果を示しています。

【家を買う!】弁理士、家を買う。いくらまで借りれるか?
弁理士の方、家・マンションは購入されましたか?それとも今まさに検討中でしょうか?弁理士の年収は同世代の平均年収よりは高いことが知られていますが、べらぼうに高いわけではなく、少し毛が生えた程度の方が多いのではないでしょうか。一体いくら...
スポンサーリンク

夫婦いずれか一方の年収が1,200万円であるか、夫婦共働きで1,200万円であるか、どちらが良い??

気になるところですよね??どちらが良いのか試算してみましょう。

手取り金額の試算の計算方法

皆さんご存知でしょうが、日本では累進課税制度が設けられており、収入が高くなるほどに所得税を多く回収されてしまいます。

年収ごとの所得控除額(令和2年分以降)

(※法改正により平成31年(令和元年)分までとは異なります)

皆様に関係ありそうな年収のみ抜粋します。
なお、所得控除額とは、所得税の課税の対象とならない金額(つまり、所得税がかからない収入)ということです。

  • 年収180万円~360万円⇒収入金額×30%+8万円
  • 年収360万円~660万円⇒収入金額×20%+44万円
  • 年収660万円~850万円⇒収入金額×10%+110万円
  • 年収850万円超⇒一律195万円

所得控除額だけ見ても年収が上がるほどに、高収入に不利な仕組みになっています。

さらに、所得控除を差っ引いた『課税所得金額』に所得税が課せられます。

課税所得ごとの所得税

皆様に関係ありそうな課税所得のみ抜粋します。

  • 課税所得195万円~330万円⇒所得税率10%(控除額97,500円)
  • 課税所得330万円~695万円⇒所得税率20%(控除額427,500円)
  • 課税所得695万円~900万円⇒所得税率23%(控除額636,000円)
  • 課税所得900万円~1,800万円⇒所得税率33%(控除額1,536,000円)
  • 課税所得1,800万円~4,000万円⇒所得税率40%(控除額2,796,000円)
  • 課税所得4,000万円超⇒所得税率45%(控除額4,796,000円)

課税所得に税率をかけたものから、控除額を引いたものが所得税です!!

改めて見ても、高所得者には酷な制度です。
特に課税所得が900万円を超えたあたりからの所得税増加はヤバいですね。

参考HP:税務署「平成30年分 所得税の改正のあらまし」
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h30kaisei.pdf

世帯年収ごとの所得税の試算

世帯年収を1,200万円として夫婦間の年収をいじって試算してみましょう。

  • 夫1,200万円、妻0円
     ⇒夫(1,200万円-195万円)×33/100-1,536,000円=178万円
     ⇒妻0円
      ⇒世帯所得税178万円
  • 夫1,000万円、妻200万円
     ⇒夫(1,000万円-195万円)×23/100-636,000円=121万円
     ⇒妻(200万円-(200万円×30/100+8万円))×5/100=6万円
      ⇒世帯所得税127万円
  • 夫800万円、妻400万円
     ⇒夫(800万円-(800万円×10/100+110万円))×20/100-427,500円=79万円
     ⇒妻(400万円-(400万円×20/100+44万円))×10/100-97,500円=18万円
      ⇒世帯所得税97万円
  • 夫600万円、妻600万円
     ⇒夫(600万円-(600万円×20/100+44万円))×20/100-427,500円=44万円
     ⇒妻(600万円-(600万円×20/100+44万円))×20/100-427,500円=44万円
      ⇒世帯所得税88万円

世帯年収が1,200万円という世帯を考えた場合であっても、夫婦の所得バランスによって、世帯当たりの所得税の額がかなり異なることがわかりました!!

1人で1,200万円収入を得た場合よりも、夫婦で600万円ずつの収入を得たほうが、世帯当たりの所得税額が90万円も安くなる!!

結局、夫婦間の所得バランスは何対何がベスト??

ずばり、
ベストな所得バランスは、夫:妻=1:1です!!

※所得税の観点のみから勘案した場合です。
※育児等のバランスまでは考慮しておりませんので悪しからず。

スポンサーリンク

まとめ

  • 1億円のマイホームを購入するためには、世帯年収が1,200万円は最低でも欲しいところです。
  • 1人で高年収を稼ぐよりも、夫婦で総合的に高収入世帯になった方が、所得税の面ではかなりお得になります。
  • 育児が入ると、収入のバランスを取るのが難しいと思いますので、また別の指標を加えて考えたほうが良さそうですね。

皆さんは、世帯の収入バランスは何対何でしょうか??
所得税だけで語るとすれば、ボトムアップを図ることも大事な課題ですね!!
主収入のみならず、副収入の面で考えても面白そうです!!

コメント