【家を買う!】1億円の家を買うためには。

住宅購入
この記事は約3分で読めます。

家の購入金額の上を見ればキリがありません。そこで、私は1億円の家を買うことを目標とします!1億円が高いか安いかは皆さんの年収次第ですが、一般的にはハイクラスで間違いないでしょう!!では、1億円の家を購入するために、実際には諸経費等を含めて、いくら返済する必要があるのでしょうか?

スポンサーリンク

1億円を借りる。

年収いくら以上ならローンを組めるのでしょうか?

【家を買う!】弁理士、家を買う。いくらまで借りれるか?
弁理士の方、家・マンションは購入されましたか?それとも今まさに検討中でしょうか?弁理士の年収は同世代の平均年収よりは高いことが知られていますが、べらぼうに高いわけではなく、少し毛が生えた程度の方が多いのではないでしょうか。一体いくら...

私の試算によると、最低でも夫婦で1200万円くらいは欲しいところです。
ネット銀行では、市中銀行よりも少し利息が安いです。
ちなみに、上記ページでは利息を0.6%で計算していますので、実際よりも甘めのシミュレーションかもしれません。

スポンサーリンク

1億円借りたら利息はいくら?

楽天銀行で試算してみます。

お借入希望額から月々の返済額をシミュレーション|住宅ローン|楽天銀行
お客さまのご希望のお借入金額と返済期間、ボーナス時に追加でお支払いいただく金額(任意設定)から、楽天銀行住宅ローン(金利選択型)/フラット35/「固定と変動」の毎月の返済額を試算できます。

固定金利では、8000万円の借入が上限らしいです(でばながくじかれました・・・)

ですので、変動金利と、変動+固定金利で見ていきます。
ちなみに楽天銀行は保証料がゼロ円です。

  • 変動金利0.527%⇒利息953万円
    融資事務手数料:324,000円
    登記関連費用:20,000円
    収入印紙代:60,000円
  • 固定金利5年0.848%⇒利息1,561万円
    融資事務手数料:324,000円
    登記関連費用:200,000円
    収入印紙代:60,000円
  • 固定金利5年0.848%⇒利息1,940万円
    融資事務手数料:324,000円
    登記関連費用:200,000円
    収入印紙代:60,000円
  • 固定金利(50%)+変動金利(50%)1.737%⇒利息2,872万円
    融資事務手数料:1,080,000円
    登記関連費用:250,000円
    収入印紙代:40,000円

りそな銀行で試算してみます。

  • 変動金利0.470%⇒利息847万円
    融資事務手数料:2,160,000円
    登記関連費用:450,000円
    収入印紙代:60,000円
    保険会社事務手数料:32,400円
  • 固定金利5年0.945%⇒利息1,175万円
    融資事務手数料:2,160,000円
    登記関連費用:450,000円
    収入印紙代:60,000円
    保険会社事務手数料:32,400円
  • 固定金利10年0.600%⇒利息1,089万円
    融資事務手数料:2,160,000円
    登記関連費用:450,000円
    収入印紙代:60,000円
    保険会社事務手数料:32,400円
スポンサーリンク

手数料はローン銀行によって異なる

楽天銀行の場合は、50-150万円あれば足りるでしょう。
りそな銀行の場合は、250万円くらいかかりますね!!

だいぶ銀行によって異なることがわかりました!!

ローンを組む銀行も考えなければなりませんね!!

スポンサーリンク

消費税の存在

皆さんもご存知の通り、消費税が2019年10月から10%に上がってしまいます。

今現在の8%から2%も上がります。

1億円借りた場合の2%って、200万円です!

これはまた、結構な痛手ですね・・・
さすがに、10月までには家買えないですし・・・

スポンサーリンク

まとめ

  • 1200万円以上の世帯年収があれば、1億円の家を買うのは可能。
  • 利息や諸経費には注意。銀行選びも大事です。
  • 消費税の存在も2019年10月以降は大きい存在です。

皆さん、家を買うのってかなり勇気がいりますよね。
でも、しっかり調べれば大丈夫です。
1億円のマイホームを目指して皆さんも前向きに頑張りましょう。
まずは頭金どれだけ貯められるかに注力ですかね。

コメント