【家を買う!】1億円のマイホームを買うのは今がいい?それとも2020年以降?2022年以降?結論は決まっています。

住宅購入
この記事は約4分で読めます。

2020年には東京オリンピック!2022年には生産緑地の指定解除問題が控えています。1億円のマイホームを買うタイミングは今(2019年)で良いのでしょうか。色々と調べたら意外な事実が見えてきました。

スポンサーリンク

結論:今でも2020年、2022年でも変わりません。

2020年オリンピック開催まで地価が高騰する??

2019年と2020年とではどちらの方が地価が高いと思いますか?

当然2020年でしょう。
そんなことは火を見るよりも明らかです。

地価高騰の原因って2020年のオリンピック開催によるものでしょうか?

過去10年間の都内23区の公示地価の推移をグラフにしてみました。
23区すべてが平成21年よりも平成31年(令和元年)の方が地価が上昇しています。
(※23区全部1つのグラフにしたかったため、各区の推移が見にくくなってしまいました。すみません。)

そして、平成25年(下図中赤枠)が東京オリンピックの開催が発表された年ですが、東京都の公示地価はその前からずっと上昇していることがわかります。

つまり、オリンピック開催が決まったから上昇しているというだけではなくそもそも日本の都市/地方の二極化問題に基づいて東京都の地価が上昇していると考える方が自然です。

参照データ:東京都財務局HP
http://www.zaimu.metro.tokyo.jp/kijunchi/chikakouji.html

とすれば、オリンピックが終わったからといって、地価が安くなるとは限りません。
むしろ、今後も地価の上昇は継続すると考えられます。
(※地価の上昇率は緩やかになるとは思います)
(※影響があるとすれば、オリンピック村が建設される中央区晴海周辺のみでしょう。選手の宿泊棟をオリンピック後に分譲マンションにするらしいですから。)

では、2022年生産緑地法の問題って?

生産緑地法とは、東京都内で農業をする人たちを支援する制度です。

具体的には、東京都内で農業をして都内での地産地消に貢献する代わりに、一定期間(30年間)、固定資産税を減税するという制度です。その30年の終了するのが2022年だということです。

この固定資産税の減税が無くなることによって、土地によっては50倍以上の固定資産税を支払わなくてはならないということになっていました。

そのため、都内で農業をすると赤字になり得るので、農地だった土地が住宅ディベロッパーに売り払われるのではないかと言われ続けていました。

しかし!!

この問題は今となっては考えなくてよいでしょう。

生産緑地法の免除が終わる?でも特定生産緑地法が始まる。

いわゆる制度の延長ですね。

10年単位で何回でも生産緑地(農地)として使用することを更新できることになりました。

農業をする人たちを守ることは当然ですから、この制度はできて当然ですよね。というわけで、2022年の問題は無くなったというわけです。

そもそも都内に生産緑地がある区なんてだいぶ限られていたので(世田谷区、練馬区など)、多くの都民の皆さんには関係のない話でしたが、やたらニュースで煽っていましたよね。マスコミの力は強いですね。

で、冒頭の結論です。

マイホーム購入に関して、2019年は時期が悪いと買い渋っている皆さん、マイホーム購入は早ければ早い方がいいと思いませんか?

  • 2020年オリンピック問題:オリンピック後も地価は上がり続ける。
  • 2022年生産緑地問題:今は関係ない。

というわけですから。

※ちなみに本当に東京の地価が下がり始めるのは2030年でしょう。

東京の人口が減少するからです。

地価は人口減少には勝てません。
それだけの話です。

ただ皆さん、あと11年も待てますか??
もしも待てるのであれば、2030年以降の方が大豪邸に住める可能性が高いでしょう。でもその分、返済期間が短くなって大変だと思います。

※しかも、人口減少⇒住宅ローン金利増加という図も十分考えられます。

『人口減少問題⇒住宅購入者減少⇒銀行業逼迫⇒住宅ローン金利増加』
という流れになる可能性も高いと考えられますので、結局のところ住宅ローンの総返済額自体は今と変わらないかそれ以上になる可能性は十分あります。・・・金利増加は怖いですよ!!

つまり今購入するかどうかは皆さんの考え次第です。
少なくとも私は2019年現在は買いだと思っています。

皆さん、マイホーム購入の時期選びは慎重にやらなければなりませんよね。
ただ、あまりに慎重になりすぎて遅れを取るのはどうかと思いますよ。
何事も、思い立ったら吉日です。
後悔先に立たずです。
やらずに後悔するならやって後悔したほうがいいでしょう。
というわけで私は2019年~数年以内に住宅買います。

コメント