【家を買う!】連帯債務型住宅ローンが良い?それともペアローンが良い?決めかねている方へのおススメ。

住宅購入
この記事は約6分で読めます。

1億円のマイホームを購入する場合、ほとんどの人は住宅ローンを組むと思います。そして、住宅ローンを組む人の中でも多くの場合、夫婦でローンを組むことを考えるのではないでしょうか?夫婦でローンを組める方法はいくつかありますが、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

住宅ローンの種類

共働き世帯が夫婦でローンを組む方法は大きく分けて4種類あります。

  1. 年収がそこそこ高い場合は1人で住宅ローンを組む
  2. 夫婦で連帯保証型の住宅ローンを組む
  3. 夫婦で連帯債務型の住宅ローンを組む
  4. 夫婦それぞれで住宅ローンを組む(ペアローン)

上記1に関しては、共働き世帯としてあまり選択肢にならなそうですので、上記2~4についてご説明します。

連帯保証型の住宅ローン

夫(または妻)が債務者となり、妻(または夫)が連帯保証人となるようなパターンです。
連帯保証型の住宅ローンの特徴は以下の通りです。

  • 所有権:夫(または妻)単独です。
     ※収入合算のため高額なローンを組めます。
  • 住宅ローン:1つのみの契約です。
     ※ローン契約に関する事務手数料が1件分で済みます。
  • 住宅ローン控除:1つのみ控除可能です。
     ※あくまでも債務者が夫(または妻)の一方のみですので、住宅ローン控除も1つしか受けることができません。この点は、連帯債務型やペアローンと比較してデメリットとなります。
  • 団体信用生命保険:夫(または妻)のみ加入
     ※団体信用生命保険に一方のみしか加入できないということは、夫(または妻)が万が一死亡したときであれば保険が適用されローン残金の支払いが免除されますが、
    一方で妻(または夫)が万が一死亡したときは保険が適用されません。ということは、後者の場合、残された夫(または妻)が高額な返済を1人でし続けなければならない可能性があります。

連帯債務型の住宅ローン

夫(または妻)が主たる債務者となり、妻(または夫)が連帯債務者となるようなパターンです。
連帯債務型の住宅ローンの特徴は以下の通りです。

  • 所有権:夫と妻の共有です。
     ※収入合算のため高額なローンを組めます。
  • 住宅ローン:1つのみの契約です
     ※ローン契約に関する事務手数料が1件分で済みます
  • 住宅ローン控除:持ち分に応じて夫婦それぞれで控除可能です。
     ※夫婦それぞれのローン持ち分に応じた金額で、住宅ローン控除を受けることが可能です。住宅ローン控除を二重に申請することができることがメリットとなります。
     ⇒仮に夫婦それぞれが5,000万円ずつのローン持ち分があるとすれば、1人当たり最大で494万円程度が控除されます。つまり、2人で合計988万円が控除されます。この点は連帯保証型と比較して大きなメリットでしょう(cf.連帯保証型は599万円の控除)。
  • 団体信用生命保険:夫(または妻)のみ加入
     ※団体信用生命保険に一方のみしか加入しないということは、夫(または妻)が万が一死亡したときであれば保険が適用されローン残金の支払いが免除されますが、一方で妻(または夫)が万が一死亡したときは保険が適用されません。ということは、後者の場合、残された夫(または妻)が高額な返済を1人でし続けなければならない可能性があります。

ペアローン型

夫と妻それぞれが、自己のローン負担割合に応じた主たる債務者となり、かつ、妻と夫がそれぞれ他方の住宅ローンの連帯債務者となるようなパターンです。
ペアローン型の住宅ローンの特徴は以下の通りです。

  • 所有権:夫と妻の共有です。
     ※収入合算のため高額なローンを組めます。
  • 住宅ローン:2つの契約です。
     ※2契約分の住宅ローンですので、事務手数料等が2倍かかります。
      ⇒約10~15万円程度の出費増加でしょう。
  • 住宅ローン控除:住宅ローン契約ごとに控除可能です。
     ※夫婦それぞれのローン持ち分に応じた金額で、住宅ローン控除を受けることが可能です。住宅ローン控除を二重に申請することができることがメリットとなります(連帯債務型と同様です)。
     ⇒仮に夫婦それぞれが5,000万円ずつのローン持ち分があるとすれば、1人当たり最大で494万円程度が控除されます。つまり、2人で合計988万円が控除されます。この点は連帯保証型と比較して大きなメリットでしょう(cf.連帯保証型は599万円の控除)。
  • 団体信用生命保険:夫と妻それぞれが加入
     ※団体信用生命保険にそれぞれが加入するということは、万が一、夫(または妻)が亡くなった場合、妻(または夫)が夫(または妻)分のローンの返済を免除されるということです。自分のローンについては支払う必要があります。この点、万が一の時のリスクを考えると、連帯債務型と比較して大きなメリットだと考えられます。ただし、保険料は2件分ですので月々の出費がかさむという点はデメリットでしょう。

↓↓住宅ローン減税の控除額の概算について試算しています(1人分です)

【家を買う!】1億円のマイホーム購入と住宅ローン減税。
1億円の買い物は、おそらく皆さんも一生に一度でしょう。一生に一度の非常に高価な買い物だからこそ、賢く買いたいですよね。賢く買えば、お金が戻ってきます。1億円のマイホーム購入した場合の総支払額1億円を借りた場合の利息を0.6%~1....

↓↓住宅ローン契約時にかかる費用についてまとめていますので、参考にしてください。

【家を買う!】マンション購入時・購入後にかかる費用!~想定よりもかさむ出費の原因~
都心に家を購入するにあたって、マンション購入時・購入後にかかる費用って意外と色々あるんです。購入時には頭金、購入後には月々の返済額だけ支払えばよいと思っている方は少し甘いかもしれませんよ。1億円のマイホームを購入した場合の月々の返済...
スポンサーリンク

まとめ

共働き世帯の住宅ローンの組み方は4種類あります。

  1. 夫婦いずれか1人での住宅ローン
  2. 連帯保証型の住宅ローン
  3. 連帯債務型の住宅ローン
  4. ペアローン型の住宅ローン

上記それぞれの住宅ローンの組み方によって次の点に着目すべきでしょう。

  • 所有権
  • 住宅ローン契約数(1件or2件)※事務手数料の点に着目すべき
  • 住宅ローン控除(1件or2件)※住宅ローン控除額が2人分になる可能性に着目すべき
  • 団体信用生命保険 ※夫婦いずれか一方か、それとも夫婦両方とも加入できるかに着目すべき

それぞれの住宅ローンの組み方にそれぞれのメリット・デメリットがあることがわかりました。十分な検討が必要ですね。

私個人的には、ペアローンが最も良いのかなと思いました。
万が一のことを考えた場合に、残された家族の負担が軽くなるという点で安心ですからね。
※1人でローンを組めれば一番いいんですが、そこまでの収入は現時点でありませんから・・・

コメント