【家を買う!】子供の保育費が、な、な、なんと無償に!?対象者は全家庭なの?その結果、月々の支出がいくら減るのか!

住宅購入
この記事は約4分で読めます。

3~5歳児の保育費が無償化されます。改正子ども・子育て支援法が2019年5月10日に可決され、成立しました!これで正式に子供の保育費が無償化されます。家計にどれだけ影響するのか検討してみます!

スポンサーリンク

2019年10月1日消費税増税&幼児教育費無償化!!

2019年10月は、子育て世代に特に影響の大きいニュースが2つもあります。
『消費税増税』と『幼児教育費無償化』です!!

どちらも子育て世代には重大です。
特に住宅購入を考えている皆様にとっては、これらの制度の結果『吉と出るか凶と出るか』心配ですよね?

消費税増税!!

一般家庭(夫婦+幼児1~2人)の支出は、通常月々30~35万円です。

そのうち消費税(8%時点)は2.2~2.6万円です。

これが2019年10月以降、消費税が+2%されて10%になりますので、
これまでと同じものを買った場合消費税(10%時点)が2.8~3.2万円になります。
つまり、月々の支出が6,000円程度増加するということです。
6,000円あれば習い事が1つできますね。
子育て世代は今後の教育費とかを貯蓄しなければいけない世代なので、この出費増加のダメージは大きいです。

こんな状況じゃ子供産めないよ・・・って声も当然たくさん出てきます。

『少子化⇒労働人口減⇒高齢率増⇒日本崩壊・・・』なんてシナリオすら見えてきます(いや、そのシナリオは現在も見え隠れしているので、勢いが増加しかねませんと表現したほうが適切ですかね)

日本としては、なんとしても出生率を上げなければ、先に見えるのは『崩壊』です。年金破綻どころではありません

そこで、消費税増税と併せて、改正子ども・子育て支援法が成立したわけです。

改正子ども・子育て支援法!!

改正法概要

なんといっても、この改正法の目玉は『幼児教育無償化』です!!

現状では多くの世帯では2~6万円保育料がかかっているのではないでしょうか。
これが『ゼロ円』です!!
(個人的には2019年度に入ってから一番うれしいニュースです!!)

子育て世帯を応援するための改正ですね。

ただし、適用条件も当然あります。

適用条件

  • 3~5歳児(保育の必要ありとの認定要⇒共働きならOK)
  • 幼稚園、認可・認定保育園、地域型保育、企業主導型保育事業
  • 実費(食費や行事費用など)はもちろん掛かります

※認可外保育園は月々3.7万円まで補助が出ます
※幼稚園の預かり保育は、幼稚園で2.57万円補助が出ていますので、それプラス1.13万円補助が出ます。
※0~2歳児は有償です(育児休業給付金を2年まで受け取れるように延長したから頑張れ!それでも預けたければお金払え!ということでしょうか。)
※0~2歳児であっても、住民税非課税世帯に関しては保育料が無償です。

ここまで子育て世帯を支援してくれる制度はありがたいです。
このような仕組みを作ってくださった関係者の皆様には感謝しています。
今後も引き続き子育て世代の応援を期待しています。

参考:厚生労働省HP(幼児教育・保育の無償化について)

幼児教育・保育の無償化について

※待機児童対策は?

最優先課題である、待機児童対策は2020年までに整備される予定らしいです。
こちらも早く解決してほしいです。『待機児童⇒職場復帰不可⇒収入減』は辛すぎますから・・・

↓↓待機児童についてはこちらにまとまっています。23区ごとに比較しています。作成に手間がかかったページです。

【家を買う!】東京23区徹底比較!『子育て』しやすい区は?『公園情報』や『各区の独自の取り組み』をご紹介!!
都内23区に家を買うと考えたときに『子育て』がしやすい街なのかをまずは気にする方が多いのではないでしょうか。『子育て』と言えば、『待機児童』が気になりますよね?その他『児童手当』や『医療費』の観点から『子育て』しやすい区はどこなのか、また...
スポンサーリンク

まとめ

  • 消費税増税によって、一般的な子育て世帯の支出は6,000円程度増える!!
  • 幼児教育無償化によって、3~5歳児の保育料がタダになる!!
  • 待機児童対策は2020年に進展する(予定)。
⇒子育て世代にとっては助かる!!
⇒住宅購入は足踏みする必要はない!!
⇒住宅購入は早めが推奨です!!

私の住宅購入は、大詰めを迎えております。
幼児教育の無償化によって、子供にかかるお金が少し浮きますのでその分繰り上げ返済に回せたら良いですね!!
あらゆるニュースが、我が家の住宅購入にかかわってくるようで毎日チェックが欠かせません!!

コメント