【家を買う!】知ってますか令和2年からの所得税のこと!所得税増税ってきつくないですか?どれくらい上がるのかの年収ごとのシミュレーションもあります。

住宅購入
この記事は約3分で読めます。

年収850万円以上の方は令和2年分から所得税が実質増税されます。弁理士の皆さん、結構きついですよね?将来的な視点で考えると、見込みの収入額が減るということになり、繰り上げ返済がしにくくなる可能性もあります。令和2年からの実質増税について見ていきます。

スポンサーリンク

令和2年からの所得税実質増税

基礎控除について

基礎控除については、非常にわかりやすいです。

所得税計算に関しては、

  • 現行制度では、38万円の基礎控除
  • 令和2年からは、48万円の基礎控除

です。つまり、単純に考えると非課税額が10万円もアップするので、課税対象額が減る!!

⇒手取り額がアップする??(やったー!)
・・・と思いますよね?
しかし、残念なことに、そう単純なものではございません・・・

給与所得控除についても見てください。

給与所得控除について

現行では、年収ごとの給与所得控除額は、以下の通りです。

  • 360~660万円⇒給与所得控除:収入金額×20%+54万円
  • 660~1,000万円⇒給与所得控除:収入金額×10%+120万円
  • 1,000万円~⇒給与所得控除:一律220万円(上限額)

それが、令和2年からは、次のように改正されます。

  • 360~660万円⇒給与所得控除:収入金額×20%+44万円
  • 660~850万円⇒給与所得控除:収入金額×10%+110万円
  • 850万円~⇒給与所得控除:一律195万円(上限額)

見てくださいよ!!
360~850万円までの年収層を見ても、一律で10万円も給与所得控除額が減額されます。
850万円以上を見ると、単純には計算できませんが少なくとも10~25万円も給与所得控除額が減額されます。

基礎控除と給与所得控除を合わせて考えると・・・

年収850万円以下⇒基礎控除額:+10万円&給与所得控除額:-10万円
プラスマイナスゼロ!!

年収850万円超⇒基礎控除額:+10万円&給与所得控除額:-10~-25万円
プラスマイナスゼロ~-15万円

つまり、
850万円を境に控除額がマイナスになるということは、
⇒課税対象額が増える!!
⇒増税ということです!!

わかりにくい制度になっていますけど、なんだ結局増税かって思いません??

スポンサーリンク

令和3年からは住民税も実質増税

しかも所得税だけではないですよ!!
住民税だって、控除額が減額されてしまいます。。。

基礎控除

  • 現行制度では、33万円の基礎控除
  • 令和3年からは、43万円の基礎控除

です。もうお分かりでしょうが、単純に考えると非課税額が10万円もアップするので、課税対象額が減る!!
・・・ではないんですよね。

給与所得控除について

上記の所得税の数値と一緒です。

つまり、住民税に関しても基礎控除と給与所得控除を合わせて考えると・・・

年収850万円以下⇒基礎控除額:+10万円&給与所得控除額:-10万円
プラスマイナスゼロ!!

年収850万円超⇒基礎控除額:+10万円&給与所得控除額:-10~-25万円
プラスマイナスゼロ~-15万円

同じです・・・
850万円以上の年収の方は、実質増税です。

スポンサーリンク

まとめ~令和2年から実質増税~

  • 令和2年から所得税が実質増税
  • 令和3年から住民税が実質増税

でございます・・・

住宅購入にあたって、若干の懸念材料にはなりますね。
ただ、そんなにお気になさらずに!!
手取り額が激減するわけではありません!!

気にせず買ってしまうのが良いでしょう。

日本の累進課税制度に関しては、問題が多いように思います。
万遍無く全ての年収層から、課税額を増やす仕組みを作ったほうがいいと思いますがね。
とはいっても、国を動かすためには取れるところから取るというのも仕方のないことなんですかね?

コメント