【家を買う!】マンションは『分譲』と『賃貸』どちらが良い??実は、考えるまでもなく結果は明らか!!お金の観点から見ると○○がお得!!

住宅購入
この記事は約5分で読めます。

『分譲』VS『賃貸』論争はいつの時代にも世間を賑わわせますよね。結局結論はうやむやになって終わります。そんな中で、金銭的な観点からは明らかに○○がお得です!!どちらかわかりますか??

スポンサーリンク

『購入』vs『賃貸』初期費用比較

まず前提条件ですが、月々の支払額は『購入』及び『賃貸』ともに20万円としてシミュレーションします!これを揃えなければシミュレーション比較の意味がありませんからね。つまりマンションのレベルは同程度と考えましょう!!

月々の返済額は『購入』も『賃貸』も同じと仮定

現在35歳くらいと仮定します。
あと50年生きます!!
(※あくまでシミュレーションのためですので、悪しからず。平均寿命くらいまで生きるとします。)

月々の返済額月々家賃
管理費&修繕積立金込み 
20万円20万円

初期費用の比較結果!!

そのうえで、初期費用をまずは計算します!!

購入 賃貸 
8,000万円   
固定金利:1.2%  
売買契約印紙代1.5万円敷金40万円
金消印紙代4万円礼金40万円
登記費用関連80万円仲介手数料20万円
管理準備金2万円  
修繕積立基金50万円  
ローン費用170万円  
合計307万円合計100万円
『購入』:307万円>『賃貸』:100万円

初期費用以外にも当然お金はかかります。

見ていきましょう。

スポンサーリンク

『購入』vs『賃貸』その他の費用比較

『購入』の場合は色々なお金がかかってきます。
それに比べ、『賃貸』は更新料くらいでしょうか。

その他の費用比較結果!!

購入 賃貸 
火災保険料月当たり5000円更新料2年に1回20万円
修繕積立基金12年に1回50万円  
ボーナス払い(返済額)1年に2回10万円ずつ  
固定資産税1年に1回25万円  

『購入』した場合の色々掛かってくる費用が気になるところではありますね。

スポンサーリンク

最終結果:『購入』or『賃貸』どちらを選ぶべきか??

まずはシミュレーション結果をごらんください!

購入賃貸
支払項目頻度計算式支払項目頻度計算式
初期費用1回のみ307万円初期費用1回のみ100万円
月々の支払毎月20万円20万円×12か月×35年月々の支払毎月20万円20万円×12か月×50年
火災保険料月当たり5000円5000円×12か月×50年更新料2年に1回20万円20万円×25回
修繕積立基金12年に1回50万円50万円×4回   
ボーナス払い(返済額)1年に2回10万円ずつ10万円×年2回×35年   
固定資産税1年に1回25万円25万円×50年   
合計 11,157万円合計 12,600万円

どうですか!!

金銭的に見たら明らかに『購入』の方が良いですよね!!

しかも、財産が残るんですよ!!『賃貸』よりも断然『購入』の方がお得です!!

『購入』だと35年ローンを支払えば、月々の返済額が無くなることがポイント!!
一方で、『賃貸』なら生き続ける限り家賃を支払い続けなければなりません・・・寿命が延びたらその分お金がかかってしまいます・・・60年、70年生きられてしまったら・・・と考えると、本来喜ばしいはずなのに不安しか感じません。
スポンサーリンク

まとめ

月々の支払を20万円としたら、50年間でかかる費用の総額は、
『購入』11,157万円<『賃貸』12,600万円

ということで、絶対にマンションは『購入』すべき!!

 

数字で見ると、世間で騒がれていることの多くはすっきり解消します。
その一つがマンション『購入』vs『賃貸』論争でしょう。
いかに自分の人生を客観的にシミュレーションできるか。
そして、シミュレーション結果に基づき、いかに将来的なリスクや不安を払拭できるかが、これからの人生で課題になるでしょうね。

コメント