【家を買う!】かなりお得な『フラット35S』と『フラット35 子育て応援型・地域応援型』!!これは知らなきゃ絶対に損です!!

住宅購入
この記事は約4分で読めます。

家を買う人の多くは35年ローンを組みます。35年も払い続けるお金ですから少しでも安くしたいですよね!でも『変動ローン』が良いのか『固定ローン』が良いのか本当の結果がわかるのは残念ながらローンを組んでから35年後です。それならば少しでも、リスクが低いものを選びたいというのは誰しもが思うところでしょう。住宅ローンもコストカットの時代です。

スポンサーリンク

『フラット35』って何?

『フラット35』は、住宅金融支援機構と銀行が提携して融資を行う35年住宅ローンのことです。
一方、『35年固定ローン』は銀行ごとに作り上げた住宅ローンで、それぞれ個性があります。

『フラット35』と『35年固定ローン』って何が違うかわかりますか?

実は内容はほとんど一緒です。
35年間同じ金利で住宅ローンを支払い続けるという点では全く一緒です。

では、違いはなんでしょう??

『フラット35』と『35年固定ローン』の違い

もちろん違いはあります!比較してみます!

フラット35

  • 借りられる住居:住宅金融支援機構の定める基準に合うもの
  • 団体信用生命保険:加入任意
  • 保証料:なし
  • 借入金額:100~8,000万円
  • 金利引き下げ:わかりにくさの温床である金利引き下げがありません(すでに安い状態です)
  • 繰り上げ返済:『住・MyNote』登録で10万円から可能(手数料無料)

35年ローン

  • 借りられる住居:特に定め無し
  • 団体信用生命保険:加入必須
  • 保証料:必須
  • 借入金額:30~10,000万円
  • 金利引き下げ:店頭金利、適用金利があり、実際の金利が判断しにくいです
  • 繰り上げ返済:ネットなら大体無料

金利の違いは銀行によります

住宅ローン期間:35年で比較してみます!!

『メガバンク』

  • 『みずほ銀行』:1.29%(団体信用生命保険加入)
  • 『三菱UFJ銀行』:なし
  • 『三井住友銀行』:1.970%(団体信用生命保険加入)

『ネット銀行』

  • 『住信SBIネット銀行』:1.29%(団体信用生命保険加入)
  • 『楽天銀行』:1.29%(団体信用生命保険加入)
  • 『じぶん銀行』:なし
  • 『ARUHI』:1.29%(団体信用生命保険加入)
  • 『イオン銀行』:1.29%(団体信用生命保険加入)
  • 『ソニー銀行』:なし

結果はどこで借りてもほぼ同じでした!!
 ※三井住友だけは高いです。
 ※三菱UFJとじぶん銀行はありませんでした!!

↓↓こちらにメガバンクとネット銀行の細かい金利比較をしています!!ご覧ください!!

【家を買う!】住宅ローンを組むのは都市銀行?それともネット銀行?
家を購入する人のうち、75%は住宅ローンを組んでいます。そのうち、過半数の人は35年ローンを組みます。当然ながら、定年(65歳くらい)までにはローンの完済を目指す人が多いでしょう。弁理士であれば、定年にこだわる必要はないのかもしれませんが...
スポンサーリンク

さらにお得な『フラット35S』とは?

購入する住宅が、省エネルギー住宅、耐震性の高い住宅、バリアフリー性の高い住宅、長期優良住宅の住宅のいずれかの要件を満たせば、金利が安くなるんです!!

ただでさえフラット35は金利が安めなのに、さらに金利が安くなるなんて・・・

しかも0.25%も安くなります!!

つまり、金利1.04%で借りられるということ!!固定ローンなのにお得すぎます。

期間は10年間か5年間です(要件を満たせば10年になるようです)
なんとしても、『フラット35S』10年間の要件に合致させたいですね!!

参考:住宅金融支援機構HP
https://www.flat35.com/loan/flat35s/tech_plan.html#SUB01

スポンサーリンク

これまたお得な『フラット35 子育て応援型・地域応援型』とは?

『子育て支援に力を入れている地方公共団体』又は『地域活性化に力を入れている地方公共団体』と住宅金融支援機構が連携して、『子育て世帯』や『地域に移住する世帯』を支援してくれる仕組みです。

フラット35よりもさらに金利が安くなるんです!!

期間は5年間ですが、0.25%金利が安くなります!!

しかも、なんと!

『フラット35S』と『フラット35 子育て応援型・地域応援型』は併用できます!!
併用できれば5年間は0.50%も金利が下がるということです!!うらやましいです・・・

・・・ところが・・・皆さん、期待させておいて大変申し訳ありません。

東京ではほぼ使えない仕組みでした・・・ガックシです。

  • 台東区:三世代同居が要件
  • 墨田区:三世代同居又は近居が要件
  • 福生市:三世代同居又は近居、または若年子育てが要件
  • 奥多摩町:若年子育てが要件

地域応援型に関しては東京はありません・・・

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、皆さんが狙うのは『フラット35S』ですね!!

住宅金利が10or5年間も1.04%になるのは、お得です!!
何としても、頑張りたいです!!

皆さんも『フラット35S』に興味が出てきましたか?
私は俄然興味がわいてきました!!
さらに詳しく調べてみたいですね!!
銀行ごとに特典があったりもするようですから。

コメント