【家を買う!】マンションの『修繕積立金』は数年ごとに増加する!『修繕積立基金』は購入時の一度きりではない!知らなかった驚きの事実。

住宅購入
この記事は約3分で読めます。

マンションは経年劣化します。その対策として、健全なマンションには長期修繕計画なるものがあります。もちろん修繕にはお金がかかります。そのための『修繕積立金』であったり、購入時に支払う『修繕積立基金』です。実際のマンション長期修繕計画を見てみると驚きの事実が隠されていました・・・

スポンサーリンク

『長期修繕計画』って?

マンション(に限らず建物)は経年劣化しますので、当然修理・修繕や定期的なメンテナンスをしなければなりません。

想像してください。

例えば、、、

  • 水関係のポンプ類がダメージを受けたら、水の供給がストップしかねません!!それに起因する住民へのダメージは大きいです。
  • 屋上や外壁の塗装が剥げた汚いマンションになってほしくないですよね。そのようなマンションになってしまえば、資産価値は当然下がります。10年周期くらいの中期的なメンテナンスが必要でしょう。
  • 近年多くの新築マンションには『ディスポーザー』が設置されています。『ディスポーザー』を設置しているマンションは、排水を一旦建物地下で処理してから排水しています。これが『ディスポーザー処理設備(処理槽)』です。もし排水処理しなければ、下水で硫化水素発生増加、汚泥発生量増加など様々な悪い影響が生じてしまうためです。でも、この処理槽って生ごみがそのまま流れてきて、堆積するわけですから、当然汚れの付着が激しく、劣化が激しそうなイメージがありませんか?ですので、数年ごとの短期的なメンテナンスが必要になります。

住民としてはこういったメンテナンスは大賛成ですよね。
マンションであれば、お金さえ払えば、管理人・管理会社が勝手にやってくれますし!!

つまり、長期にわたってマンションをきれいな住みやすいものにするために、長期的かつ周期的にマンション設備を修繕をしようという計画を立てるのが長期修繕計画です。

『長期修繕計画』の重要性はわかったけど、住民はいくら負担するのか?
・・・気になりますよね。

スポンサーリンク

『修繕積立金』は数年ごとに増加する!!

とあるマンションでは、数年単位で微増することがわかりました。
最初の費用見積もりの際には、当然隠れている数値です(⇒担当販売員に聞いてみる価値はあります)

  • 1~6年目:月1万円
  • 7~12年目:月1.5万円
  • 13~18年目:月1.9万円
  • 19~24年目:月2.3万円
  • 25~30年目:月2.7万円
  • 31~36年目:月3.0万円
  • 37年目~:月3.2万円

30年を超えるころには、当初よりも3倍も多く月々支払わなくてはなりません

つまり、『修繕積立金』は数年ごとに増えることを前提にして住宅ローンを組まなければなりませんね!!この事実を知らなかった方はチェックしてみてください!!

スポンサーリンク

『修繕積立基金』は購入時だけではない!複数回必要になる!!

一般に勘違いされがちなのが、『修繕積立基金』です。

私自身はいくつかのモデルルーム見学したあと、『修繕積立基金』について次のように思っていました。
『修繕積立基金』とは、購入時の修繕に関する備品等の整備に充てられるものであったり、もしもマンション完成後数年で何らかの修繕を行わなければならなくなった場合のいざという時のための基金であって、住宅購入時の一回のみ支払うものであると。

しかし、実際は違いました。

大規模修繕を行う年ごとに、『積立金』を使用して『積立金』がゼロになるので、
再度『修繕積立基金』を全住民から回収するというものでした。

大規模改善ですので、十数年毎でしか行われませんが、
十数年ごとにまとまったお金が回収されてしまう事に注意が必要ですね。
つまり、『修繕積立基金』は、購入時のみではなく十数年ごとに概ね40~70万円が必要になるということです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 『長期修繕積立計画』がしっかりしているマンションは安心!!
  • 一方で、『修繕積立金』は数年ごとに改定⇒増加する!!
  • 大規模修繕ごとに『修繕積立基金』が必要!!


”ちょっとの時間で”勝てる投資家になる為の<神メソッド>公開|お金のジム

マンション購入を考えている皆様、『長期修繕積立計画』、『修繕積立金』、『修繕積立基金』について、モデルルーム見学の際に詳しく聞いてみると資金返済計画に乱れが起こりにくいですよ!!

コメント