【家を買う!】東京23区徹底比較!!『住みたい町ランキング』上位常連都市は、土地の価値が下がりにくい。

住宅購入
この記事は約5分で読めます。

どう考えても、東京都23区内は2030年以降も人口減少には転じないでしょう。人口が減らないということは土地の価値が下がりにくいということです。では、23区で家を買うなら何区が良いのか、ランキングにして見てみましょう。

スポンサーリンク

住みたい町ランキング上位常連都市

人口が減らない都市は、誰もが住みたいと思える住みたい都市ですよね!!
ということで、複数の『住みたい街』ランキングを総合的に判断して、23区のランキングを付けました!!

家を買うなら何区!?23区ランキング結果!!

  1. 港区  (88点)
  2. 世田谷区(84点)
  3. 目黒区 (77点)
  4. 文京区 (75点)
  5. 千代田区(54点)
  6. 杉並区 (53点)
  7. 中央区 (53点)
  8. 品川区 (53点)
  9. 渋谷区 (46点)
  10. 新宿区 (29点)
  11. 練馬区 (28点)
  12. 中野区 (26点)
  13. 江戸川区(26点)
  14. 豊島区 (23点)
  15. 台東区 (23点)
  16. 江東区 (20点)
  17. 大田区 (18点)
  18. 北区  (16点)
  19. 板橋区 (7点)
  20. 葛飾区 (5点)
  21. 足立区 (4点)
  22. 墨田区 (0点)
  23. 荒川区 (-1点)

ランキング結果について

TOP5

上位TOP5は案の定、23区内の一流都市です!!

港区、世田谷区、目黒区、文京区、千代田区

こんな都市に住宅を購入出来たらいいですよね!!各都市とも誰もが納得のブランド力を持ちますから当然の結果かと思います。

複数のサイトで上位を収めていますので、客観的に見て誰もが住みたいあこがれの街と言ってよいでしょう。
これらの都市に住宅を購入すれば、土地の価値が下がりにくいと考えられます。

一方で、デメリットは、既に地価が高く、購入ができない可能性があるということです。
懐事情に余裕のある方であれば、ご検討ください。

ランキング6~18

ランキングの中階級層についてですが、複数のサイトの結果を見てみると次のいずれかのパターンに該当します。

  • あるサイトでは上位だが、他のサイトではそうでもない
  • 全サイトを通じて中級ランク

例えば杉並区は、2つのサイトで2019年ランキングではTOP3に入っていました。
しかし、2016年と2018年の他のサイトのランキングであまりランキングが高くなかったため6位に終わっています。ということは、2020年のランキングはさらに高くなりそうな気配がしますよね?

また新宿区は、2016年のデータはTOP3に入っていますが、2019年にはだいぶ下落して16位になってしまったりもしています。ということは、2020年も中級を維持しそうな気配がしますね。

中級層の区は、今後の区の施策次第では上位にも下位にも移動しうると思われます。
現時点では、どちらに転ぶかは判断が難しいですね。

WORST5

板橋区以外は、下町ですね。
下町は治安が悪いイメージが漠然とあります。
『治安が悪い=危ない・景観が悪そう』というイメージを想起させます。
そのような悪いイメージがランキングを下げているのでしょう。

イメージアップの区の戦略がうまくいけば、ランキング向上の可能性はあります。
ただし、現在のTOP5のレベルまで変われるかと言えば、10-20年ではなかなか難しいでしょう。

一方で、これらの都市は23区なのに安いというメリットはあります。
『都心に住む利便性』+『住宅の価格』という大きなメリットを求める場合は、これらの都市に住宅を購入するのもありですね!!

 

参考HP:Jタウンネット(住みたい区ランキング2019)

東京23区「住みたい区」ランキング 3位「杉並区」2位「港区」を抑え、トップに輝いたのは... - Jタウン研究所 - Jタウンネット
日本最大の都市・東京。その中心が、特別区ともいわれる23区だ。...

参考HP:東洋経済online(住みよさランキング2018)

最新版!「住みよさランキング2018」トップ50 | 住みよさランキング
東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。最新となる2018年のランキング結果がまとまった。このうち上位50都市を紹介する(各都市のランキングの詳細については、『都市データ…

参考HP:生活ガイド.com(全国住みたい街ランキング2019、2016)

全国住みたい街ランキングベスト100!【2019年版】|生活ガイド.com
2019年版、全国住みたい街ランキングベスト100!一度は住んでみたい街ベスト100を発表。あなたの住んでみたい街やいま住んでいる街がランクインしているかチェック。
スポンサーリンク

23区は2030年以降も人口が減らない

2030年に東京都で人口が減ると言われていますが、結局23区では人口は減りません。

とすれば、23区で地価は下がりません。
⇒地価は上がり続けるか、維持するかでしょう。
⇒地価が安いであろう、今、住宅を購入したほうが良いでしょう。

【家を買う!】『東京都の人口が減る⇒地価が安くなる!』理論的にはその通りだが、そううまくはいかない。つまり総合的に考えると2019年がラストチャンス!!
人口が減れば、土地も空きます。空いた土地が増えたら、当然地価も安くなります。既に、日本の人口は減り始めています。東京都は日本の地価の最後の砦です。東京都の人口が減るのはいつなのか、見ていきます!!・・・ただし、心配事はそれだけではありませ...
スポンサーリンク

まとめ

23区ランキングのそれぞれによって、以下のメリット・デメリットがあります。

  • TOP5:土地の価値は上がる。but…既に地価が高い
  • 中級層:今後土地の価値がどちらに転ぶかは慎重に判断すべき。
  • WORST5:『都心に住む利便性』+『価格が安い』。but…イメージが悪い

 

家を買う場合は、誰しもがその土地の価値が下がりにくいことを必ず考慮に入れますよね?その検討の参考になればと思います。
ちなみに、私は中級層の都市で住宅を購入したいと考えています!!

コメント