【新築マンション購入ブログ】三井不動産グループの技術力~日本三大財閥の力はすごい~

住宅購入
この記事は約5分で読めます。

新築マンションを購入するにあたっていろんなことを調べています。その中でも、やはり旧日本三大財閥はすごいことがわかりました。このブログ記事では旧日本三大財閥の一角を担う三井財閥にフォーカスを当ててみます。三井不動産グループはこんなにすごいんです。

スポンサーリンク

新築マンションを購入するなら三井不動産グループの技術力を知っておこう

建築構造体、キッチン装置を移設する方法(特許6181122)

名前だけ見たらわかりにくいですが、中身を見るとなるほどなと思います。

単純に説明すると、従来は、キッチンを移動(リフォーム)する際には大掛かりな配管工事をしなければならず、手間やコストがかかっていました。
そこで、本発明があるのですが、
キッチン装置(車輪&上下可能な固定装置付き)+床+開閉可能な複数の床の穴を備えていて、床下に傾斜をつけて設置された横排水管がキッチン装置と縦排水管を繋いでいる構造体です。

特許を見慣れない人はわかりにくいかもしれません。

要は、リフォームのために移動しやすいキッチン装置の発明ということです!!

こういう特許もあるんですね。個人的にはとても勉強になりました。

映像監視方法等(特許6207656)

映像監視に関する特許については前回紹介した三菱地所グループありません(三菱地所では他社の監視システムを導入しているのでしょう)
三井不動産とは力を入れているポイントが違うようですね。

この映像監視方法がどういうものかというと、
カメラとサーバーと管理者端末との間のデータ送受信方法についての発明です。
具体的には、次がポイントです。

カメラからサーバーに一旦静止画像を送信
⇒サーバー側で静止画像間に差が無いか(動きがあるか)をチェックする
⇒何らかの差があれば、カメラに映像を要求
⇒カメラからその前後の動画を受信
なるほどなというシステムですね。

このシステムによって、

  1. データ送受信量が減る!(動画送受信量が減るので)
  2. 管理者の監視負担の減少!(動きのあった動画のみをチェックできるので)

という効果があります。
直接マンション購入者にはあまり関係ないと感じるかもしれませんが、少なくとも監視システムの能力が向上するので安心感アップですよね!!

 

電力供給システム(特許6250193)

発明の内容自体を理解するのは難しいで、ざっくりと説明します。

停電時の電力供給システムについての発明です。
通常状態、停電状態、火事状態などによって、使用すべき建物内の電気設備が変わってきます。
このような状態変化を感知することによって、適切に電力供給を制御するシステムです。
(ちゃんと理解して説明するためにはそれなりの時間がかかりそうな特許です・・・ご興味があれば検索してみてください。)

 

その他の特許

  • 大型制振装置
  • 壁構造
  • 転倒防止治具
  • 収納ユニット
  • インターホン
  • 建物の基礎構造
  • 水浄化処理システム
  • 床構造
  • 収納構造
  • ペット共生用集合住宅

など様々な特許があります。ざっくりと見た感じだと、三菱地所グループよりも、技術力(住宅設備に関する特許件数)が多いように感じました。
三井不動産グループは特許取得によって、しっかり技術を保護&対外的な信頼獲得(ブランディング)をしている企業であることがわかりました!!

スポンサーリンク

三井不動産グループのマンションを購入したい?資産価値が高いマンションであることは間違いない!

三井不動産のマンションブランド

  • パークホームズ
  • パークコート
  • パークタワー

等があります。

【三井不動産レジデンシャル】新築マンション・分譲マンションなら三井のすまい
三井のすまい(31sumai.com)三井不動産レジデンシャル【公式サイト】。三井のすまい(31sumai.com)は、新築マンション・分譲マンション・一戸建ての住まい情報総合サイトです。

三井不動産の『経年優化』って何??

『モノは古くなるのが当たり前』ではなく、時が経過するのとともに価値を高めていくことを目指しているとのことです。

そのために、次のようなことを重視しています。

  • 居住者交流のための共有施設
  • 周囲の景観に溶け込む外観
  • マンションの使いやすさ重視
  • 長期修繕計画
  • 経年優化を織り込んだ植栽設計
  • 土地の記憶を宿したまちづくり

コミュニティ力を高めることで住宅の価値を高めることに繋げるということを重視しているようですね。
私自身も子供ができてから初めてご近所のコミュニティっていいなって思えるようになりました。
それまではあまりご近所づきあいを積極的にする方ではありませんでしたが、子供がいると色々な人に声をかけてもらえるようになりますし、パパ友・ママ友できますからね!こういった意味では、子供が小さいうちからコミュニティに積極的に参加できる住まいづくりをしている三井不動産は優れていると思います。
これぞまさに『経年優化』でしょう!!

三井不動産のグッドデザイン賞!!

もちろんグッドデザイン賞も多数受賞しています。
(ただし、三菱地所よりは少ない印象です・・・)

2018年度は無し??

2017年度

  • パークホームズ赤羽西~間取り変更プラン「Imagine」~
  • BAYS TOWER&GARDEN

2016年度

  • GLOBAL FRONT TOWER
  • GATE SQUARE 小杉陣屋町
  • パークアクシスプレミア南青山
グッドデザイン賞 受賞歴|デザイン|こだわりを知る|新築マンション・分譲マンション・新築一戸建ての【三井の住まい:三井不動産レジデンシャル】
三井の住まい(31sumai.com)三井不動産レジデンシャル【公式サイト】こだわりを知る デザイン グッドデザイン賞 受賞歴ページ。東京都全域の新築マンション(分譲マンション)・新築一戸建て物件をお探しいただけます。三井の住まい(31sumai.com)は、新築マンション・分譲マンション・新築一戸建ての住まい情報総合...
スポンサーリンク

新築マンション購入ブログまとめ~三井不動産編~

三井不動産のマンションは『パークホームズ』シリーズです。
(三菱地所の『パークハウス』と紛らわしいですね・・・)

三菱地所と三井不動産を比較して(もちろんどちらも優れていますが・・・)

個人的には、自社開発の技術力は三井不動産の方が高いのではないかと印象を受けました。

一方で、グッドデザインなどをはじめとする、対外的なアピールや販売戦略に優れているのは三菱地所だという印象を受けました。比較して三菱地所の方がCMなどでなじみがありますからね。

日本三大財閥の2つ目を調べてみました。
新築マンション購入するにあたって、絶対に選択肢の一つとしてたくさん調べたほうが良いと感じました。
次回の新築マンション購入ブログでは、住友不動産(すみふ)について調べたいと思います!!

コメント