【冬の化粧水】無印良品の化粧水①!冬に使いたいおススメの化粧水!無印には良い化粧水がそろっている!

冬の化粧水
この記事は約5分で読めます。

もうすぐ冬が始まります!冬は空気の乾燥によって特に肌状態が崩れやすい季節!肌の『乾燥』そろそろ気になっていませんか?肌の乾燥は『シミ』や『シワ』といった肌の老化を導きます。一度皮膚の奥深くまで刻まれた『シミ』や『シワ』の後は元には戻りません!肌の『ハリ』や『ツヤ』を一生守り続けるためには、日々の努力が不可欠です。『お手頃化粧水』、『プチプラ化粧水』それとも『リッチな化粧水』のどれを使いたいですか?今回は『お手頃化粧水』として20~30代に大人気の『無印良品』の化粧水について細かくまとめてみました!第一弾は敏感肌シリーズをまとめました!!

スポンサーリンク

『無印良品』のおススメ化粧水の種類!

『無印良品』と言えば、文房具、衣類、家具、食品など様々なものを取り扱っていますが、『化粧水』に関してもなかなか良いものがそろっているんです。知っていましたか?しかもかなりのお手頃価格ですので、皆さんにおススメです!

というわけで、今回は『無印良品』の化粧水をご紹介します!
『無印良品』の化粧水には大きく分けて6種類のシリーズがあります。
  1. 敏感肌シリーズ(←今回取り上げるのはコレ)
  2. エイジングケアシリーズ
  3. ハーバルシリーズ
  4. クリアケアシリーズ
  5. 海洋深層ミネラル化粧水
  6. オーガニックシリーズ

それぞれの違いについて見ていきましょう!

化粧水に大事なのは『保湿レベル』です。『保湿レベル』の指標とは?

化粧水の保湿レベルの指標については残念ながら公表されていません。試験方法としては、「化粧水を塗る前」と「化粧水を塗った後」とで肌の水分量を比較する方法がとられることが多いようです。その他にも、官能試験等を行う場合もあるでしょう。ただし、実際にどのような取り組みがなされているのかは正直なところ不明です。
ただし、何が配合されているかを見ればある程度の保湿力の差が見えてきます。

スポンサーリンク

敏感肌シリーズ(無印良品のおススメ化粧水No.1)

『無印良品』の化粧水のシリーズは6種類ありますが、その中の『敏感肌シリーズ』にも3つのタイプがあります。『高保湿タイプ』、『しっとりタイプ』、『さっぱりタイプ』です。

高保湿タイプ

無印良品『敏感肌用・高保湿タイプ 400ml』です!
高保湿タイプの化粧水が好きな方は、こちらです。しかも400mLという大容量です。
他にも200mLと50mLのサイズがあります。

高保湿タイプの成分!

水、DPG、グリセリン、PEG-32、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グレープフルーツ種子エキスポリクオタニウム-51スベリヒユエキス、BG、フェノキシエタノール、PCA-Na、クエン酸Na、クエン酸
岩手県釜石の天然水』配合です。岩手県釜石の洞窟から汲み出した、不純物の少ない、飲んでも美味しいというピュアな天然水だそうです。良い水を使用しているんですね!お肌にも安心です。
『植物エキス』や『おススメ成分』について作用を列挙します!
  • グレープフルーツ種子エキス
     保湿作用、収斂作用、バリア機能改善作用
  • スベリヒユエキス
     保湿作用、バリア機能改善作用、抗炎症作用
  • ポリクオタニウム-51
     ヒアルロン酸以上の保湿力を持ちます!
     生体適合性物質なので水洗い後1時間でも十分保湿状態を保ちます。
  • ヒアルロン酸
     なんと、1gで6000mLの水を蓄えられる能力があります!

しっとりタイプ

無印良品『敏感肌用・しっとりタイプ 400ml』です!
しっとりタイプの化粧水が好きな方は、こちらです。

しっとりタイプの成分!

水、グリセリンDPG、PEG-32、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、スベリヒユエキスポリクオタニウム-51グレープフルーツ種子エキス、PCA-Na、クエン酸、クエン酸Na、アラントイン、BG、フェノキシエタノール

植物エキスに関しては、『高保湿タイプ』も『しっとりタイプ』も入っている成分は同じです!
高保湿タイプ』にはヒアルロン酸が配合されているのに対し、しっとりタイプ』にはヒアルロン酸が配合されていません。他の配合されている成分自体は一緒です。
ただし、配合成分の順番が入れ替わっていますので配合比率が異なっているようですね。
(※ご存知の方も多いと思いますが、配合表には配合量が多いものから順番に記載されます。ですので、前に来る成分ほどたくさん量が入っています)

さっぱりタイプ

無印良品『敏感肌用・さっぱりタイプ 400ml』です!
さっぱりタイプの化粧水が好きな方は、こちらです。

さっぱりタイプの成分!

水、DPGグリセリン、PEG-32、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、スベリヒユエキスポリクオタニウム-51グレープフルーツ種子エキス、PCA-Na、クエン酸、クエン酸Na、アラントイン、BG、フェノキシエタノール

植物エキスに関しては、高保湿タイプ』も『しっとりタイプも『さっぱりタイプ』も同じです!
高保湿タイプ』はヒアルロン酸が配合されている点が異なりますが、『しっとりタイプ』とさっぱりタイプ』は配合成分が全く一緒です。
つまり、
成分の配合量などを調整して粘性を変化させることによって、肌への使用感を変えているだけでしょう。具体的には、しっとりタイプと『さっぱりタイプ』とではDPGとグリセリンの順番が入れ替わっていますので、これらの配合比によって、肌への使用感の差を出しているのでしょう。

スポンサーリンク

『無印良品』冬のおススメ化粧水!『敏感肌シリーズ』のまとめ!

  1. 高保湿タイプ
     敏感肌シリーズでは唯一『ヒアルロン酸』が配合されています!
     保湿力たっぷりです。
     その分、他のタイプよりも200円程度高くなります(400mLの場合)。
  2. しっとりタイプ
     『しっとりタイプ』と『さっぱりタイプ』は配合成分は全く一緒です。
     配合量のみが異なるようです。
  3. さっぱりタイプ
     『しっとりタイプ』と『さっぱりタイプ』は配合成分は全く一緒です。
     配合量のみが異なるようです。

上記3製品について調べました。『無印良品』の化粧品はお手頃価格だし、ブランド力もある化粧品ですのでお勧めです!まだ試したことが無いという方はぜひお試しください。実店舗に行けば試供品があるので、ご興味のある方は是非試してくださいね!

化粧水は時代とともに進化しています!どんな成分が含まれていて、その含まれている成分がどんな効果を発揮するかまで知ると、商品選びが楽しくなりますね!『無印良品』のおススメ化粧品として今回は『敏感肌シリーズ』をまとめてみました!『お手頃化粧水』ですので、大量使いもできます!ひたひたの化粧水がお好きな方は是非お試しください。毎日使うのが楽しくなりますね!
次回は、無印良品『エイジングケアシリーズ』をまとめてみます!!

 

コメント